携帯電話の完全故障時に損失データ修復を行う方法とは?

お使いのケータイ(またはPHS、iPod、iPhoneなどのモバイル製品)が
誤って水の中に落としてしまったり、強い圧迫によって本体を割れてしまった、
湿気や高電圧、熱暴走、高温、低温などの外的な被害を受けて物理的に
破損してしまった時はどうすればいい?という疑問について。

ケータイの端末

液晶画面が割れてしまったけど電源は正常に入る、という程度の破損でしたら
内部のデータはほぼ間違いなく無事ですので、携帯電話窓口に持って行く事で
新しく購入する機種に以前の保管データを移し変えてもらう事ができるのですが、

電源が入らなくなってしまったりボタン操作が
効かなくなってしまうような重度の破損が起きた場合はやや難しくなっていきます。

そんな時にはまずは全国各地にあります、携帯電話のデータ回収サービスを
実施されているOA機器のトラブルサポートセンターにご相談をされてみて下さい。

携帯内部の記憶部分が無事でしたら、分解作業により取り出しと新しい携帯機種への
移動を行ってもらう事ができます。

しかしながら、ケータイの内部が熱により融解してしまったり焼き焦げを起こしてしまう、
また水没による浸水でショートや錆が発生していたり衝撃により潰れていたりした場合は
データの保管部分が破壊されてしまい、回収が不可能になってしまうケースもあります。

そんな時には残念ながらほとんどのデータが失われてしまうのですが、まだ決して全てのデーターを
失っているとは限りませんので、今までの書き込み記録やメモなどをまずはチェックしてみましょう。





miniSDカードにバックアップで保管していたファイルやプログラム、
インターネットのホームページやブログ、掲示板、Eメールなど

レンタルサーバー(ファイルマネージャー)にアップロードしていたファイル、メモ帳に記入していた
電話番号やメルアド、宛先の氏名などの筆記、エクセルやワード、データベースに別に
保管していたファイルなど、このようにあちこち探してみると結構なデータを発見することができます。

自力でまた新しい機種本体に少しずつ入力し直していくことで復旧させていく方法がまだ残されています。

そして、もしもまた水没といった同じような事故が起きた時に困らないために、
SDカードや外付けHDD、RAID、NASなどにこまめにバックアップを取っておくことも大切です。



『「コンピューターの修理」のカテゴリーの前後のページ』

«

»