携帯電話の機能が破損して損失したデータを修復するには?

お使いの携帯電話、またはスマートフォンやタブレット端末、PHS、などのモバイルコンピューターを、
誤って水の中に落としてしまったり、強い圧迫によって本体の液晶モニターが割れてしまった場合や、
また、湿気や高電圧、熱暴走、高温、低温などの外的な被害を受けて、
各機能が物理的に破損してしまった時には、どうすればデータを修復することができる?という疑問について。

携帯電話の液晶モニターの画面の映らなくなった時は?

まず、液晶モニター(LCD Monitor)の画面が割れてしまったけれど電源は正常に入る、
という程度の破損でしたら、内部のデータはほぼ間違いなく無事です。

携帯電話(Mobile Phone)の窓口に持って行くことで、新しく購入する機種に、
以前の保管していたデータを移し変えてもらうことができます。

ですが、電源が入らなくなってしまったり、
ボタンの操作が効かなくなってしまうような重度の破損が起きた場合は、やや難しくなっていきます。




ディスプレイの機能が破損した時にデータを回収するには?

次に、液晶ディスプレイ(LCD)が破損してしまい、正常に画面が開けなくなった場合に、
中身のデータを取り出しする方法について。

まず、モニターのみが壊れていて、電源自体は起動できている場合は、
付属のUSBケーブルをパソコンに繋げて、そちらからフォルダーをバックアップできる可能性もあります。

また、ケータイショップの窓口や、プロのデータリカバリーサービスの方に、
破損したモバイル端末を提出して、保存された大事なデータを回収してもらうこともできます。

損失した記録データをチェックしてサルベージをする

しかしながら、ケータイの内部も熱により融解してしまったり焼き焦げを起こしてしまう、
また水没による浸水でショートや錆が発生していたり、衝撃により潰れていた場合は、
データの保管されたメモリの部分が破壊されてしまい、回収が不可能になってしまうケースもあります。

そんな時には、残念ながら携帯電話にあるほとんどのファイルが失われてしまうのですが、
まだ決して、すべてのデータを損失してしまうとは限りません。

なので、今までの書き込みの記録のデータやメモなどを、まずはチェックして、
修復ができるかどうか、確認してみましょう。

また、たとえば携帯電話やiPhoneが壊れた時の取り扱いは?という疑問については、こちらのページにて。

スマートフォンが破損した時に別のファイルから修復するには?

次に、スマートフォン(多機能型携帯電話)の本体が丸ごと故障した場合でも、
以前にSDカードにバックアップで保管していたファイルやプログラム、
またインターネットのホームページや、ブログ、掲示板、Eメールなどの、
レンタルサーバー(ファイルマネージャー)にアップロードしていたファイルが残っている可能性もあります。

ほかにも、メモ帳に記入していた電話番号やメールアドレス、宛先の氏名などの筆記、エクセルやワード、
またデータベースに別に保管していたファイルなど、あちこち探してみると、
結構なデータを発見して、そこからある程度のファイルを修復することができることもあります。

また、ドコモの修理手続きのご提案なども参考までに。

ケータイに再入力してデータを作り直すには?

次に、ケータイの内部のメモリが破損したり、どこかの回路の機能が故障した際には、
少し面倒な作業なのですが、自力でまた新しい機種の本体に少しずつ入力し直していくことで、
復旧させていく方法がまだ残されています。

破損した携帯電話に登録していた住所録(アドレス帳)は、また書き直しがある程度が効きます。

ですが、相手先の電話番号とメールアドレスの両方がわからなくなった場合は、
別の電話番号やURLなど、連絡を取れる宛先を見直されてみる必要が出てきます。

また、アプリなどは多くの場合、別の機種の端末で再度のダウンロードや購入による修復が可能です。

そして、もしもまた水没といった同じような事故が起きた時に困らないために、
SDカードや外付けHDD、RAID、NASなどにこまめにデータのバックアップを取っておくことも大切です。

機種を分解してメモリーチップを取り出してもらう

どうしても機能が直らない故障が起きた時には、まずは製造メーカーか電話会社、
または全国各地にあります、携帯電話のデータ回収サービスを実施されている、
電子機器のトラブルサポートセンターにご相談をされてみてください。

(iPhoneなど一部のスマートフォンが破損して開けなくなった時は、
 技術的に内部のフラッシュメモリに残ったままのデータの救出が難しい場合もあります。)

携帯電話の内部の液晶パネル(Liquid crystal panel)や電源ボタンが壊れていても、
記憶媒体(ストレージ・ミディアム)の部分が無事でしたら、上記と同じく、分解の作業により、
データの取り出しと新しい携帯機種への移動によるファイルの取り出しを行ってもらうことができます。