CDやDVDのISOイメージファイルも復元できる?

CDやDVDメディアなどに書き込んだデータを1つにまとめて保存できる形式の
ISOイメージファイル」、このファイルをうっかり削除してしまったり、
ライティングソフトやリッピングソフトでCDに書き込む前にイメージファイルが壊れてしまったりした場合は、
どうすれば元の形に再生できる?という疑問について。

まず、ISOイメージファイルは再生に仮想CDドライブなどが必要なシステムです。

データが破損しているのではなく、仮想化ができていないため
現在の状態では再生できないだけ、というケースもあると思われます。

再生可能な状態がしっかり整っているかどうかをまずご確認ください。

インターネット上の配布サービスからインストールして入手していたデータが開けなかったり、
ファイルが壊れていた場合は、先に配布元のウェブサイトの管理者・運営者の方へ、
お問い合わせ用メールフォームやフォーラムの掲示板で連絡してください。

うっかり拡張子を丸ごと削除で消してしまった場合は、最入手が可能なファイルであれば、
もう一度ネットワーク上の配布元から入手したり、
あるいはCD、DVDディスクから再度パソコンにコピーをします。





かわりのISOファイルがもう入手できないものであったり、自分自身で業務や趣味などの関連で
作成していたものが削除ミスやクイックフォーマット、拡張子の破損などで失われてバックアップの分も
取れていなかった、という場合は、市販のデータ復元専門ソフトウェアの『ファイナルデータ
シリーズなどをすぐに使用すれば、セクタに残留した痕跡から復元させる事ができる見込みもあります。

※ISOイメージファイルを保存していた記憶メディアが 常時稼動しているハードディスクやSSDだった場合、
 時間が経つほどデータの上書きを繰り返されて痕跡が消えていくため、修復できる可能性は下がります。
 なのでできるだけ早めに対処される事をおすすめします。

自分自身でどうしてもISOイメージファイルを直せなかった場合は専門のデータ復元サービスセンターにて、
機器の修復・抽出をしてもらうと、より確実です。

万一のために日々、ファイルのバックアップを
HDD以外の外部接続型記憶媒体にも残されておく事をおすすめします。



『「CD-R/RW」のカテゴリーの前後のページ』

«

»