アクシデントや障害の際、応急処置を行う仮復旧作業とは?

電子メールやウェブブログ、クラウドサービス(オンラインストレージ)などレンタルサーバーのサービスで、
DB(データベース)の「仮復旧」という単語を見たことがある方も多いことでしょう。

こちらは、システムダウンなどの緊急時に応急処置を施して、コンピューターを構成・管理する
SYSTEMが完全に停止した状態から、予備のシステムに切り替える一時的な復活の措置を主に指します。

または、ひとまずハードウェアの故障やソフトウェアの破損の原因のみを
一時的に修復して、メンテナンスした状態のことを指します。

トラブルシューティングを開いて一時的な仮復旧の解決策を探してみる

たとえば、Windowsのパソコンの場合、OSがまだ開ける軽いトラブルでしたら、コントロールパネルの
トラブルシューティングを開いて、「保守タスクを実行する」→システムメンテナンスのウィンドウで
「次へ」→「管理者としてトラブルシューティングを実行する」で、
OSの簡単な変更や更新を行うことができます。

ですが重度のハードウェア障害が災害などで起きた場合は、簡易的な復旧作業のみを先に行って
残りは後回しにしておく必要が出るケースもあります。

安全に元の状態に復旧させて稼動できるまでには数日~数週間ほどかかる場合も多いです。




ハードディスクドライブの故障

次に、パソコンなどで使われていますハードディスクドライブにある、
ファイルを保存する記憶装置(プラッタ)がヘッドクラッシュなどで故障して、
中のデータが読み込めない場合は、物理障害という深刻なトラブルになります。

すなわち、機材そのものが破損して画面が開けない時は、
すぐにコンピューターを起動し直したい時には、ケースのカバーを開いて
新しい新品のハードディスクに交換する必要もあります。

オペレーティングシステムのリストアによる回復

そしてOSの起動用ディスクやイメージディスクから、
ウィンドウズやリナックスなどのオペレーティングシステムをインストールします。

またはOSの方がシステム的に起動せず、アプリケーションソフトなどのプログラムの展開が、
正常にできない状態になってしまったら、オプション起動用の画面から、
「セーフモード」などを選択すると、仮復旧で最小モードとして開けることがあります。

ですが、セーフモードや修復インストールなどを実行しても直らない時は、
プロのパソコン修理サービスにて、故障からの回復をしてもらうこともできます。

また、HDDやメモリーカードが壊れてファイルが閉じ込められた状態になった時は、
専門のサポートであるデータリカバリーサービスで復旧をしてもらうことができます。




停電や落雷でコンピューターが使えなくなるアクシデント

なお、コンピュータやサーバーなどのOA機器のみならず、国道、首都高速、バイパス、鉄道路線、
船舶、空港の時刻ダイヤルなど、交通事故ないし災害、運行の遅れが出てしまった際には、
同じように、停止したシステムの修復や復旧作業といった応急処置が施されます。

こちらのことも、仮復旧と呼ばれています。

停電や落雷による機材のクラッシュなどで、パソコンやサーバをしばらく使えないことも多いため、
コンピューター上での作業に大きく関係するアクシデントもあります。

そんな時のために、たとえばオムロン(omron)製のUPS(無停電電源装置)といった、
災害対策のための防止装置も販売されています。

パソコンやストレージの復旧をしてもらえるサービス

また、上記のようなトラブルに対処するために、
様々なサポートのサービスが実施されています。

データ復元サービス会社やシステム管理会社、PCの救急サービスでは、
日々、非常時の際の応急訓練やトラブルに応対するカウンセリングの訓練、
読み込みできないファイルのサルベージなど、大変頼もしい様々な事業が行われています。