パソコンの電源は入るけど起動しない状態からデータを復旧

現在、メインで発売されているパソコンは主にオペレーティングシステムにMicrosoftの「Windows」やAppleの「Mac OS X」があり、またご自身で「Ubuntu」などLinux系ディストリビューションをインストールして使う事もできます。

一昔前の「Windows 95」や「Windows 98」といったOSの世代の時はまだ今ほどパソコンとその周辺機器が普及していたわけではなく、データ記憶装置も容量の低いHDDや専用の特殊なメモリーカードなどにしか保存できませんでした。

しかし現在の新しいパソコンは性能が大幅に向上して、データのエラーやシステムのダウンの回数もずっと少なく快適に使用できます。

またRAIDやバックアップ機能も一般化が進みファイルの保管の面でも大変便利になりました。

ですが、それでも機材の製品としての寿命が近づくと不具合が起きやすくなり、また強い衝撃が加わったり機体の内部に異物が混入されると故障する事も多いです。

もしある時、電源ボタンを押してから起動自体はできるけどなぜかロゴ画面やデスクトップ画面が立ち上がらずにファイルが開けなくなったら、どうすればか中身ののデータを読み込みして救出できる?という疑問について。

これまでに訪問者の皆様から頂きましたご質問とその回答分を整理して、下記にてQ&Aの記述で一まとめにして、解決方法を掲載いたします。

Q.「パソコンの電源スイッチを押してもなぜか画面が開かなくなりました。

購入した店舗またはメーカーのサポートセンターに送って修理してもらう場合、 リカバリーの措置でデータがすべて消されてしまう、と聞いたのですが、 もう一台のパソコンに中身のデータを何とかして抜き出して転送できないでしょうか?」

A.ひとまず、先にもう一度パソコンの電源を復活できるかどうか、 まずは 通風孔に誇りが溜まっていたら拭き取り掃除をして、しばらくマシンの本体を休ませてから再起動を試してみてください。

アクセスランプが変に点滅していたり全く反応がないと、基盤などの内部パーツが 破損して壊れている可能性があります。

もし別のデスクトップパソコン、ないし外付けハードディスクケースをお持ちであれば、内蔵のハードディスクを一度壊れたパソコンから取り出して、故障していない別のパソコン本体に空いたドライブベイに増設するか、HDDケースに差し込んでUSB接続して、データをコピーして移し変える事もできます。

ハードディスクを取り外すにはまずPC本体ケース蓋(カバー)を外して、 電源ケーブルとSATA/IDEケーブル、そして固定ネジを外してマウンタから取り出します。

(ご自身で分解をされる際には作業を慎重かつ丁寧に、そして自己責任でお願いします。)

Q.「パソコンでハードディスク(またはSSD・内蔵フラッシュメモリ)から 急に異音が鳴り始めて、焦げたような異臭も出て、回路が故障した場合、 修理で交換してもらう前にデータを取り出す事はできますか?」

A.ひとまず、それ以上ハードディスクを起動して回転させるとプラッタ(またはフラッシュメモリ)の破損がさらにひどくなるおそれがありますので、一旦電源を止めて動かさないようにします。
 
もしデータが読み出せなくなってストレージが認識されなくなっても、内部の円盤かチップに書き込まれたファイルそのものは まだ無事である事も多いですので、あきらめずに、まずは専門のデータ復旧サービスに出して診てもらわれる事をおすすめします。

Q.「オペレーティングシステムが問題を起こしてデスクトップ画面が立ち上がらないループを引き起こしてしまいました。この深刻なエラーを元に戻してデスクトップやアプリケーションやファイルを再度、開いて使い直せるようにするには、どのように入力すればいいでしょうか?」

A.データの書き込み中やシステムのアップデート中にうっかりミスをして電源を切ってしまったり、フリーズして強制終了すると状態がおかしくなる場合があります。

まず電源を起動してロゴ画面が出た時に「F8キー」などを数回押してオプション画面を開きます。

「セーフモード」で開くか「Windowsを通常起動する」で一度、起動を試してみます。

エラー修復の完了後に再起動しても同じメッセージが表示されてループする場合は、「システムの復元」 や「スタートアップ修復」などを使ってみてください。

場合によってはOSの再セットアップによるリスタートの処置を試みてください。

これらで初期化を実行してもうまく修復されない時は、OSの再インストールで初期化して最初の状態からやり直す事も考えてみてください。

Q.「パソコンのマザーボード(基板)が故障して電源が入りません。

古いハードディスク(40GB)などのパーツを使っていたので、直すより買い替えをしようと思うのですが、新しい本体に、壊れたパソコンに内蔵されたハードディスクの方を付け替えてデータを読み出す事も可能なのでしょうか?

聞くところによると、ハードディスクを換えると必ずフォーマットされると聞いたのですが画像データなどを移し替える方法ありましたら、教えてください。」

A.最近のパソコンはハードディスクを別のマシンに入れ替えてもそちらの方でオペレーティングシステムを起動させる事はできない場合もあります。

また厳密にはOS上でのルール違反にもなるので、おすすめはできません。

ですが、空いたドライブベイに差し込んでセカンダリ・ハードディスクとして増設してDドライブ、Eドライブとしてデータだけ開く事はできます。

HDDが故障していなければ、ドライブアイコンのフォルダからコピー&ペーストでファイルのバックアップが取れて、中身の個人データなどを救出できます。

また「システムの復元」はパーツが物理的に壊れている場合はハードウェア的な問題であるため使用できず、修復もできないので注意してください。

ハードディスクやメモリーカードなどのデータ記憶装置が進歩していくほどデータファイルの容量も大きくなり、また用途も複雑化していきますので、もしもの故障やデータの損失に備えてバックアップもこまめに行われる事が望ましいです。

しかし新しく更新した差分のデータこまめに予備のファイルを保存できないケースもあるので日々、ご注意ください。
 
ですが、バックアップ関連のユーティリティーの方は、 事前に外付けハードディスクなどにデータをコピーしていれば、新しいパソコンに後で移行してそれまでの個人ファイルを再帰させる事もできます。

Q.「コンピューターの電源を付けたら本体から異音がして画面がフリーズしてしまい、一度電源を切ろうとしたら電源ボタンを押しても全く無反応だったのでケーブルを抜いて
強制終了させてからもう一回ケーブルを差し込んで電源を入れたら、起動できなくなりました。

コンピューターのオペレーティングシステムが起動しなくなり、『ストレージ(ドライブ)が見つからない』といった具合のメッセージが表示されて、キーボードやマウス、ペンタブ、コントローラーからの入力も一切反応しません。

セーフモードからの起動も一応出来るか試したところ、やはり同じように起動できません。

中のハードディスク(または内蔵フラッシュメモリ、SSD)に保存していたデータのバックアップも取れていなかったのですが、復旧できる方法は何かないでしょうか?」

A.まず、マシンの本体に内蔵されたハードディスクがシステムに認識されていない状態になっているようなので、マスターブートレコードという読み取りのファイルが破損したか、またはどこかのパーツが物理的に故障したおそれがあります。

取扱説明書を取り出して、アクセスランプの点滅の仕方やエラーメッセージの表示、ビープ音の鳴り方をチェックして、どの部分がどう故障しているかをある程度確認できます。

マザーボードやメモリなどのパーツが壊れている場合は中身のデータは大丈夫なのですが、コンピューターの本体を一度、カスタマーサポートか私設のパソコン修理業者といった所に修理に出して直してもらう必要があります。

ハードディスクが故障している場合は、ドライブベイから新品に交換して電源を入れ直すと、またパソコン自体は起動できる見込みがあります。

ですが中身のデータはHDDが壊れると残念ながら一般個人では読み込めなくなります。

そこで物理障害からのサルベージサービスを請け負われているデータ復旧サポート業者で壊れたHDDの中身のファイルを抽出してもらうこともできます。