直前まで更新した作業の分を復帰するためにデータの修復を設定

パソコンで使うアプリケーションソフトの中にはMicrosoftOfficeのExcelやWord、Access、PowerPointなど
作成したファイルを手動で上書きできなかった場合でも、自動的に指定した間隔時間おきに
保存できるオプション機能が付いています。

例えば突然PCソフトの作業中やインターネットへのアクセス中にフリーズやアプリケーションエラーが
発生したり、停電や地震が起きた影響で電源が切断されてストップしてしまうと、
上書きする間もなく作りかけていたデータファイルが消えてしまいます。

仮に数時間以上、新しく上書きまたは名前をつけて保存をしてなかった場合、それまでの働きと時間が
水の泡になってしまったり、状況によっては貴重なデータ部分が失われる可能性もあります。

そんな時のために、需要の高い一般ユーティリティには自動保存オプション
付いている製品も近年では多く登場しています。




更新データーの保管に失敗する事例

しかし作業の中断のされ方によっては、この機能のみでは直前の更新状態まではファイルが開かないケースもあります。

例として、『ホームページ・ビルダー』で構築したHTMLページファイルも
あくまで一定の確率で直前までの更新作業分の復帰が出来る、という具合です。

パソコンを起動し直した後でソフトを起動させても、いつも通りで何の復旧指示の表示もされなかった、という事もよくあります。

システムエラーでプログラム処理が止まった場合は緊急時のための自動保存が効いて直せる事も多いのですが、
落雷や衝撃の影響による物理的なショックで一瞬でパソコンの電源が途切れる障害などでは自動保存オプションが機能しない場合もあります。

もしコンピューター自体に深刻な破損が発生てHDDなどの読み込み自体ができなくなったら、それ以上の
通電と起動の試みは控えて、プロのデータ復旧業者の方にて、内部のデータを救出してもらわれることを推奨します。

自動更新バックアップツールの搭載

誤ったファイルの削除といった事態に備えるおすすめな方法として、市販の専用バックアップソフトウェアを
インストールして、自分で更新バックアップのシステム設定を導入されてみると便利です。

HDDの中身を一度フルバックアップして、その後も短期間での一定時間単位でUSBから外部接続した
データ記憶メディアに、更新した入力・書き加え分を自動で記録しておけば、
もし急にパソコン本体に異常が出た時でも後からバックアップを用いてデータの修復が出来ます。

ただ、販売ツールによって、最大で何分もしくは何時間の間隔でこまめな保存ができるかは違います。

また、常時コンピューター間でアクセスし続けるタイプのるツールであるためCPUやメモリにおける
コンピューターの部品の高い性能もある程度求められますので、
パソコン購入の前にはチュートリアルや使用環境の確認も行いましょう。

自動保存機能の設定をする前に消えてしまったデータは、そこからバックアップを
行おうとしても間に合わないばかりかセクタに残留した痕跡まで消えかねませんので、
すぐに専門のデータ救済サービスの方へ注文をして修復の対処をしてもらいましょう。