削除したファイルがごみ箱に入っていない時に復元するには?

パソコンを使用している時に、フォルダーに含まれるファイルの拡張子を削除したら、
通常は『ごみ箱のフォルダー』(トラッシュボックス)の中に一旦、データが保管されます。

こちらは、後でもう一度コピー&ペーストや移動を行って、簡単に拡張子を元に戻すことも出来ます。

しかし、ゴミ箱ツールの内部にあると思っていたファイルがなぜか見当たらない、
という状況の場合は、データの消去における一部の例外に当てはまってしまっている場合があります。

そんな時には、どうすれば消えたファイルを復元できる?という疑問について。

ゴミ箱にデータが移動されない場合とは?

まず、消去したデータがトラッシュボックスのフォルダーに移動されるのは、
ローカルディスク(CドライブやDドライブなど、パソコンに内蔵されたHDD・SSD内の領域)と、
外付けハードディスクやポータブルSSDなどのストレージに保存されているものに限ります。

その他の外部の記憶媒体(Memory Medium)に属するリムーバブルディスク、
例えばSDメモリーカードやUSBメモリー、またMOやフロッピーディスク、メモリースティック、コンパクトフラッシュ、
BD-RE、DVD-RAM、CD-RW、ほかUSBから接続したデジタルカメラや携帯電話、スマートフォン、タブレット端末、
といった補助記憶装置(Auxiliary storage)に保存されたファイルを削除した場合は、対象外となります。

その際には、ごみ箱のフォルダーに移らず直接データファイルが消えてしまいますので、ご注意ください。

(Macパソコンの場合は、USBメモリやSDカードのデータをFinderから削除した場合は、
 そのまま拡張子が消去されずに、ゴミ箱のフォルダーに一度移動します。)




空き容量が埋まるとゴミ箱からファイルが消える仕組みとは?

また、すでにゴミ箱の内部の空き容量が埋まっていると、移動日時の古いものから順にデータが消えてきます。

ほか、コントロールパネルのメニューにある、『プログラムと機能』(プログラムの追加と削除)で、
アンインストールしたアプリケーションソフトウェアも、そのまま抹消されます。

なので、パソコン上からプログラムを除去する前には、今後も使う予定がないものであるかどうか、
またオペレーティングシステムの稼働に支障が出る可能性もあるものでないかどうかをご確認ください。

拡張子が消えた後でもファイルを復元できる?

次に、ごみ箱にもなくて完全に失ったデータでも、まだローカルディスク上に、
画面には表示されていない領域で、記録上の痕跡のファイルは、一定の割合で残っています。

また、事前にWindows10や8/8.1に標準で搭載されているシステムの「ファイル履歴」を設定していたり、
macOSの「TimeMachine」をオンにしていたり、特定のフォルダーをクラウドサービスと同期していれば、
そちらの方からバックアップされているデータを引き出す形で、ある程度まで復元することができます。

また、削除したデータファイルを自分で復元するには?という疑問については、こちらのページにて。

データ復活ソフトウェアを使用してみるには?

一方、ローカルディスクに、後から他の拡張子を上書き保存すると、
ゴミ箱(trashbox)のフォルダーに移動されていなくてどこかで誤って消去されたと考えられるファイルのうち、
まだ残っている痕跡のデータが、次第に拡張子の上書きが実行される形で消えてしまいます。

ですがその前に、市販のデータ復活ソフトウェアで、この拡張子を検出して修復することもできます。

たとえばデータ復元ソフトに、AOSのソフトウェアの「ファイナルデータ」などが、
優れた性能で、また削除したデータの復活の手順の面でも、大変使いやすいツールです。

データ復旧サービスセンターでパソコンを見てもらう

ですが一般の個人では、ゴミ箱(trashbox)のフォルダーに入っていなくて消えていたファイルを修復するのには、
技術・設備の問題で、やはり限界もあります。

失ったファイルの検出ができなかったり、拡張子の破損が起きていて、復元に失敗することもよくあります。

そんな時のために、専門事業のデータ復旧サービスの受付に、パソコンまたはストレージを出して、
状態をチェックしてもらい、より確実に痕跡のファイルの部分から復元をしてもらうこともできます。