削除したファイルがごみ箱に入っていない状態とは?

パソコンの使用中にフォルダに含まれる拡張子ファイルを削除したら通常は
『ごみ箱フォルダツール』(Trash Box:トラッシュボックス)の中に一旦保管されるため、
後でもう一度コピー&ペーストや移動を行って、簡単に元に戻す事も出来ます。

しかしゴミ箱にあると思っていたファイルがなぜか見当たらない、
という状況の場合、一部の例外に当てはまってしまっている場合があります。

ゴミ箱に移動されない場合

消去したデータがトラッシュボックスのフォルダに移動されるのは、
ローカルディスク(CドライブやDドライブなど、内蔵HDD/SSD内の領域)と
外付けハードディスクに保存されているものに限ります。

その他の外部記憶媒体に属するリムーバブルメディア、例えばMOやSDHCカード、
USBフラッシュメモリ、フロッピーディスク、携帯端末、メモリースティック、コンパクトフラッシュ、
BD-ROM、DVD-RAM、CD-RWといった保存メディアのファイルを削除した場合は対象外となります。

ごみ箱に移らず直接消えてしまいますので注意しましょう。

また、すでにゴミ箱内部の空き容量が埋まっていると移動日時の古いものから順に消えてきます。

コントロールパネルのメニュー『プログラムの追加と削除』でアンインストールしたソフトウェアの
プログラムシステムもそのまま抹消されますので、パソコン上から除去する前には
今後も使う予定が無い物であるか、ご確認下さい。




消した後でデータを直す際

ごみ箱にも無くて完全に失ったデータでも、まだ
リムーバブルディスク上に記録上の痕跡は一定の割合で残っています。

ごみ箱の復旧

後から他の拡張子を上書きするとこれらも次第に消えてしまうのですがその前に専門業者の
データ復旧サービス受付にチェックしてもらい、痕跡部分から復元してもらう事もできます。

市販またはフリーのデータ復活ソフトウェアでも検出と修復は出来るのですが、
基本的にはプロのサービスの方がより確実に直してもらえます。



『「ごみ箱の削除後の復元」のカテゴリーの前後のページ』

«

»