ランディスクに不調が出た時に設定を直して復旧するには?

アイ・オーデータ(I-O DATA)から発売されているネットワークアタッチストレージ(NAS)の
LANDISK(ランディスク)をお使いの際、あるいははじめて使う時に、エラーや読み込み不可
といった不調が発生した時、どのように設定を直して復旧すればいい?という疑問について。

LANDISKのIP設定を変更するには?

まず、パソコンに正常にネットワークからつながるときには、
ランディスク専用の管理ソフトウェア「Macgical Finder」(マジカルファインダー)を開きます。

IPアドレスの指定されている番号が変更になっている場合があり、
もし以前と違う数値になっていましたら、そちらのURLでブラウザを開きログオンします。

そして「IP設定」→「次のIPアドレスを使う」で数値の設定を直して固定します。

「はじめて設定」を選択して、ステップに沿って順に設定を行います。

Macgical Finderでファームウェアを更新するには?

NASのLANDISKに設定されているファームウェア(farmware)のアップデート(更新)を実行するには、
まず、Macgical Finderでの「詳細設定」を開きます。

「システム」→「ファームウェア」と進みます。

「新しいファームウェアが公開されています。」と表示されていたら、
I-O DATA(アイ・オー・データ)のオフィシャルホームページからファームウェアの
アップデーターを入手してパソコンなどに保存し、「参照」の枠にてアップロードして更新します。

ハードディスクのエラーチェックを実行するには?

次に、LANDISKのアクセスランプや音をチェックして、内蔵ハードディスクに
エラーが発生していそうな状態が起こっている場合は、「ディスク」→「チェックディスク」
→「次へ」→「OK」でエラーのチェックを実行することができます。

エラーの問題が大きい場合は、一度LANDISKの起動をオフにして、
もう一度電源を立ち上げて、ネットワークに接続し直されてみてください。

HDDのフォーマットでシステムを修復するには?

また「フォーマット」の項目を選択すると、HDDを初期化して、ディレクトリ上では
購入時の状態に戻すことができます。

現在起きている不調がどうしても直らない時は、「初期化」を実行すると、購入時の状態に
ランディスクのシステムを修復することができます。

その際、事前に、LANDISKの内部のHDDに保存されている、必要なデータのバックアップを取っておく必要があります。

ACアダプターや電源コードが破損した時に直すには?

システムの問題ではなく、ハードウェア的な不調だと思われる場合は、
まずACアダプターが割れていたり、電源コードが折れ曲がったりしていないか確認します。

もしACアダプターが一部割れていたり、電源コードに折れ曲がりによる断線などが出ていたら、
同じ付属品の取り寄せをして交換をする必要があります。

また冷却ファンの網部分に埃が溜まっていたら、丁寧に除去します。

これなどの手入れをして、起動とネットワークへのアクセスが元に戻れば、復旧に成功です。

NASの修理サポートのサービスで直してもらう

内部のコントローラーなどの回路が物理的に破損していると思われる場合は、
一般個人で直するのは難しくなるため、修理に出すことを推奨します。

ですが、もし緊急ですぐにでも直したい、という際には、即日スピードの出張訪問サービスが
実施されていてNAS製品を請け負われている私設のパソコン修理サポートセンターに
問い合わせて、壊れたランディスクを修理してもらわれることをおすすめします。

また、まだランディスクの内部に重要なデータが残っていて取り出しをしたい、という際には、
NASに対応されているデータ復旧サービスにて、見てもらわれることもおすすめします。