ノートパソコンを紛失した時の探し方は?

ノートパソコン(notepad computer)の本体がいつの間にか手元から見当たらなくなって、
内部のハードディスクやSSDに保存されている貴重なデータファイルごと紛失していたり、
店頭や施設、乗り物で開いて使用した後に、うっかり鞄ごと忘れてなくした、と思われる場合には、
どのような探し方を行って対処すればいい?という疑問について。

いつどこでなくしたかを思い返してみる

まず、やはり誰でも慌ててしまうと思われますが、ひとまず落ちついて周囲を見渡してみてください。

また、少し前までの行動の跡を辿って、どのようにノートパソコンを使っていたかを思い返されてみてください。

自宅や自社内でノートパソコンをなくした場合は、机の横に落ちていたり、
棚の引き出しや押し入れに収納したまま忘れていた、
また、デスクの上に置いたものがたまって、埋もれて見えなくなっていた、といった場合があります。

ほかにも、小型・薄型のノートパソコン、メモリーカードなどが、
机やテーブルの横に配置していたごみ箱の中にずれて落ちてしまった、というケースもあります。

そのため、ごみ箱の配置場所を決める時や、ごみ捨ての作業の前にはご注意ください。

USBメモリを差し込んだままノートPCをなくした場合は、保存された貴重なデータを失うおそれがあるのと、
メモリーカードのコネクタが折れて破損する可能性があるので、念のため丁寧に探されてみてください。

また、人が頻繁に出入りするビルや事務所でマシンがなくなった場合は、
社内の他の人が使用していたり、第三者が持って行った形跡がないかどうかもお確かめください。

外出中にノートPCを紛失した時の探し方は?

次に、オフィスやカフェ、レストラン、公園、レジャー施設などのテーブルの上でノートパソコンを開いていて、
うっかり横に置いたまま席を立っていた、または鞄を置いたまま席を離れた、と思われる場合について。

ひとまず、すぐにその場所に戻って、ノートパソコンを使用していた席のあたりを見直してみてください。

店頭のレジでの支払いや買った物の詰め込みの際に鞄を忘れていた、というケースもあります。

屋外でなくしたと考えられる場合は、雨や雪が降ると水濡れして故障する可能性が出てきます。

そのため、早めに戻って探されることをおすすめします。

すでに大分離れたところに来ていたり、帰宅した後でノートPCを紛失していたことに気づいた場合は、
先に事務所や店舗の方に電話をして、忘れ物があったるかどうかを確認をしてもらうことをおすすめします。

携帯電話やスマートフォンと一緒にバッグに入れていた状態でなくしてしまった場合は、
別の電話から通話をして、職員の方に出てもらうか、電話会社で現在の場所を調べてもらう方法もあります。

電車やバス、客船、旅客機の座席や荷物棚などに、うっかりノートパソコンの入った鞄を置き忘れた、
と思われる場合も同じく、紛失したことの連絡の電話をして、職員の方に忘れ物の確認をしてもらいましょう。

電車内や駅の構内でなくした場合は、ある程度の時間が経つと、見つかった忘れ物のお預かり先が変わるので、
その指定のセンターに行く必要があります。

ノートパソコン(ラップトップ・コンピューター)や、その内部・外部で使用するストレージは精密機器なので、
外出の際には破損の防止のため、衝撃に強いビジネスバッグや専用のケースに入れて、
持ち運びをされることをおすすめします。

しかし、バッグの中に入れていても、水濡れ・水没に遭ってしまうと、故障が防げない場合もあります。

その際には、専門のパソコン修理のサポートセンターでPC本体を直してもらったり付属品を交換してもらう、
また、データリカバリーサービスで内部の大事なファイルを復旧してもらわれることも推奨します。




ネットワークで現在の位置情報を調べるには?

次に、ノートパソコンにGPS(Global Positioning System/グローバル・ポジショニング・システム)や、
LTE(Long Term Evolution /ロング・ターム・エヴォリューション)の機能があるマシンの場合について。

そちらの機能をオンにしていた時は、位置情報、または最後に特定できた場所をチェックしてもらうことができます。

外でネットワークに接続をした状態で、ノートパソコン(laptop computer)を紛失していた場合は、
Wi-Fi(ワイファイ)を通して、なくす前の最後にインターネットにアクセスした場所を調べてもらえるよう、
ネットワークのサービスに問い合わせをされてみてください。

またMicrosoft Windows 10(マイクロソフト・ウィンドウズ・テン)のパソコンの場合は、
設定→更新とセキュリティ→デバイスの検索→「デバイスの検索」「位置情報の設定を有効にする」を
オンにしていた時は、別のパソコンでMicrosoftのアカウントにログインして、現在の場所、
またはネットワークに最後にアクセスした時の位置、コンピューターの状態を調べることができます。

また、ノートPC本体のハードディスクドライブが紛失の間に受けた衝撃などで破損していた場合だけでなく、
バッグなどに一緒に入れていたポータブルHDDやUSBメモリ、SDメモリーカードなどのストレージが、
損壊していた場合でも、プロのデータ復旧サービスセンターの方で、検査してもらうこともできます。




駐車場・駐輪場から乗り物ごとなくなっていたら?

次に、出勤、通学や買い物、旅行などでノートパソコンの入ったビジネスバッグやスーツケース、リュックを、
自動車のトランクや座席に置いたまま駐停車して降りて離れて、戻って来たら車または荷物がなかった、という場合について。

または、バイクや自転車のカゴにうっかり鞄を乗せたままどこかの駐輪場あたりに停めていて、
戻ってきたらバイクや自転車、または荷物が消えていて紛失した、という時の対応について。

まず、もう一度、駐車場・駐輪場の一帯に、本当に自分の乗り物がないかどうか、
たとえば停めていたところと別の場所に来ていないかどうかを、確認をされてみてください。

大型のショッピングモールなどで、複数の駐車場がある場合は、場所を間違えてしまうケースもあります。

また、ノートパソコンの入った鞄は、トランクやカゴに積んでいたままではなく、
別の場所に置き忘れてなくしたのではないかどうかも、思い返されてみてください。

バイクや自転車が撤去されている可能性

次に、バイクや自転車の場合、駐輪場の正しい位置に置いていなかったため、
店員や整備員の人が空きスペースの方に運んで動かしていた、というケースもあります。

うっかり駐停車禁止の路上に長時間、自動車やオートバイ、自転車を停めてしまっていたために、
ノートパソコンなどが入ったままの鞄ごと撤去されていた、という可能性もあります。

もしも撤去されていた時は、指定の置き場まで赴いて、撤去と移動に掛かった経費などを支払って、
紛失していた乗り物と荷物を返却してもらわなければなりません。

他にも、誰かがいたずらで少し離れた見えにくい場所にバイクや自転車を動かしていた、
という可能性も考えられますので、まずは周囲を歩いて探してみましょう。

なくしてしまった事情を事務の人に説明する

それでも見つからなかったら、店員の人または駐輪場の職員に事情を話して、
自動車や二輪車が、ノートパソコンなどが入った鞄ごと、いつどの位置でなくなっていて、
またどのようにして置いてあってあったかどうかを詳しく説明します。

防犯カメラが設置されていたら、車両が動かされている映像と盗難の犯人の姿が映っているかどうかを、
事務員の人に確認してもらいましょう。

次に警察に110番をするか、近くの交番へ赴いて、盗難または紛失の届出をする手続きに入ります。

(車や二輪車のミラーやライト、サドル、カゴやその中身など一部のパーツのみがなくなっていたり、 
 悪戯で一部が壊された場合も被害届けを出した方がいいです。)

ラップトップを紛失した時の届け出に必要な書類

また、パソコンの販売メーカーの一部では、ノートパソコン(ラップトップ)を購入した時に、
破損・盗難の保証サービスを付帯することができます。

もし以前に加入をされていましたら、保証書を確認されてみてください。

乗り物が同時になくなった時は、その際に、一緒に『自転車防犯登録カード』(所有者用)の用紙と、
品質保証書及び受領確認書』(お客様用)の用紙、また『盗難補償制度加入者控証』(お客様控)
といった書類の用紙を自宅で探して、盗難の届出の際に提出する必要があります。

(自転車は、事前に防犯登録にはしっかりと加入しておきましょう。)

これらの用紙が自宅のどこにしまったかわからなくなってしまった時は、
自転車などを以前に購入した時の店舗(サイクルショップやホームセンター)に行って、
事情を説明して履歴から調べてもらい、もう一度証明書を発行し直してもらいます。

(3日~1週間ほどかかる場合があります。)

必要な書類を揃えたら、もう一度交番か警察署に向かい、手続きのための書類を記入してます。

それが終わったら、どの位置で自動車やバイク、自転車、ノートパソコンの入った鞄などを
見失ったかを道案内して、盗まれた場所に着いたら詳しい経緯をまた伝えて、手続きは完了です。

その後、乗り物や荷物の届出があるまで、しばらくの間は待機します。

事前に保証のサービスに加入していたら?

もし、しばらく経っても連絡が来なかったら、残念ながら紛失した乗り物や鞄、ノートパソコンの
買い直しをするしかなくなってしまうことも多いです。

自転車の場合、名札のプレートや防犯登録のシールの文字が擦れて消えてしまっていると
特定が難しくなってしまいますので、時々マジックで書き直しをしましょう。

ノートパソコン(notebook-sized personal computer)の破損・盗難の保証サービスに加入していた場合は、
購入日から指定の期間内でしたら、購入した時のPCの製品の代替品を保証してもらえます。

また、たとえばヒューレットパッカードのHP Care Packアクシデントサポートの例なども参考までに。

普通のノートパソコンから薄型のモバイルPCやタブレット端末といった、持ち歩きをするコンピューターを購入する際には、
盗難の保証サービスへの加入を行うことで、被害の補償をある程度施すことができます。

しかしこれだけでは、他の物品や乗り物が実際に盗難被害に遭ってしまい戻ってこなかった場合、
買い替えの費用の補償などを得ることは出来ません。

それとは別に、任意の自動車保険などのサービスに加入をされていましたら、
携行品の補償サービスの追加をプランで付けておかれると、ある程度の補償が得られます。

携行品に対しての保険料の分はそれほど掛からないので、気軽に追加もできます。

盗難に対してのみの保証でしたら、上記のようにノートパソコンの製造メーカーで行われているものもあります。

また、ノートパソコンの形状によっては、市販の盗難防止チェーンを付けておかれることもおすすめします。

自動車やバイク、自転車の補償の場合は?

続いて、自動車やオートバイ自体の方は、
任意の自動車保険やバイク保険に付帯された盗難補償のサービスに加入されている必要があります。

盗難事故による紛失のトラブルに遭ってから10日以内に警察に届出をしていること、
しっかりと鍵を掛けていたことなど、いくつかの条件があり、それらの事項を満たしている必要があります。

自転車の方は、最近では購入した時に盗難保証を付けられるサービスが多いので、
もしものトラブルの際には、買った時のホームセンターかサイクルショップで手続きをしてください。

近年ではこの場所は安全、まさか盗まれるわけない、と考えて油断してしまうと
たとえ人通りの多い場所でも盗難の被害に遭うことも多く、犯罪も多発しているため、
鍵の掛け忘れなどには十分にお気をつけください。

また、データ紛失のトラブルに遭った後に探したり復元するには?という疑問についてその他の機器のケースは、こちらのページにて。

もちろん、自動車のキーロックを二重、三重に掛けたり、長時間の間、外出先で放置しない、
ノートPCなどの貴重品は極力持ち歩くなど、日々の安全対策の工夫と心がけもとても大切です。

ノートパソコンが故障していたら?

次に、ノートパソコンのデバイスはデスクトップPCやサーバよりも筐体が薄く軽めで、荷物の中で圧迫を受けたり、
固い床に落としてしまう衝撃や、床でうっかり踏んでしまったりとで、故障してしまう可能性もあります。

また長期間、ノートパソコンを動かしてだんだんキーボードが傷んで入力が効かなくなってきたり、
パーツが磨耗していくと、いつかは故障(Malfunction)してしまいます。

ある程度頑丈な作りのノートパソコンも、部品の点検や交換をしなければやはり破損してしまいます。

ノートパソコン(book-size personal computer)と外部のデバイスも、いつどこで故障してもおかしくなく、
普段は自宅で故障の修理セットの一式を使って直していても、
遠くに外出していて家から大分離れた位置で、急に振動や水濡れなどで破損してしまう場合もあります。

壊れたノートPCを修理のサービスに出す

また、帰るまでの間に、パソコン修理サービス店に寄って、紛失中に壊れたノートパソコンを提出して、
場合によっては即日のスピード診断のコースで検査をしてもらう方法も大変役立ちます。

大きな街の数少ないパソコン修理サービスでは、たまたま混雑している時間帯にはち合ってしまうこともあり、
即日診断のサポート込みでも、数時間~数日ほど待つケースもあります。

全国のパソコン修理サービス店での、デバイスの故障からの修復には、
軽い問題でしたら数千円以内の料金で済みます。

電子機器(electronics device)の高価なパーツが壊れた時は、交換をする部品の代金の分もかかります。

たとえばキーボードや液晶ディスプレイ、マザーボードが破損していて交換が必要な時は、
替えの部品の価格と、換装の工賃が必要になり、また修理の価格はノートパソコンの種類にもよります。

私設のPC修理サポート店に注文をされる場合、自身ですでに所持されている交換用のパーツを持ち込みで提出すると、
ある程度の安価で済ませることができる場合もあります。

なくしていたノートパソコンが見つかったけれど、本体または同梱していたメモリーカードなどが、
強い衝撃や異物の混入で故障していて、保存していた内部のファイルやフォルダーが開けなくなった、という場合には、
やはり専門事業のデータ復旧サービスセンターで見てもらわれることをおすすめします。