ローカルディスクの残り部分となる空き容量を増やすには?

「マイ コンピュータ」のアイコン:『ローカルディスク(C;)』を右クリックしてみたら
空き容量の部分がほとんど残っていなかった、という場合はそのままにしておくと、
一部の機能が使えなくなったりデータ書き込みエラーやフリーズを引き起こす原因にもなりえます。

そのため使用領域を今よりも減らして空き容量に常にある程度の余裕を持たせて
PCを運営しておく必要があります。

パソコンはパーティションのCドライブ(OSの入った領域)に
インストールしたプログラムファイルやフォルダが追加されていきます。

使い続けていくといつかは容量が埋まってしまうので時々『プログラムの追加の削除』から
不要なプログラムを削除して、一気に使用領域を減らしてみましょう。

他にも自分で作成した新規フォルダ内にある不要な大きめのファイルを
抹消、または圧縮していくのも効果的です。

※もしこの際にうっかり必要なデータやシステムまで消してしまったら
データ復旧ソフトかシステムの復元やバックアップ機能ですぐに元に戻してください。

アクセサリ機能のひとつ、ディスククリーンアップを使えば普段使っていない
ファイルの圧縮やごみ箱の除去を一括で行えて空き容量が増えるのでこちらも大変役立ちます。





また市販の「パソコン快適化ソフト」を使い、レジストリのエラー修復などで
読み込み速度の高速化や最適化をより良くする方法も大変有効です。

もちろんCドライブだけでなく増設したDドライブやEドライブ、別のセカンダリパーティションも、
同様に空き容量を増やしたり快適科の作業を行えます。

ローカルストレージ

それでもローカルディスク使用領域がなかなか減らせない場合は、
DVD-RやMO、外付けHDDなど他のデータ記憶装置に「普段使わないけど必要なファイル」を
移動させておくのも上手な空き容量のやりくり手法です。

データ選択抹消ソフトを使い、空き容量の抹消をした場合に見えないデータが消えることで
空き領域が増える?それとも読み出せなくするだけで空き容量は変わらない? というご質問について。

まず、空き容量自体は変わりません。 ファイルを普通に削除すると、
「データーが消えました」という情報をHDDなどの記憶メディアに認識させるため、
プロパティ画面で確認するとしっかりと空き領域は増加しています。

その後で他のファイルを書き込んでいくと、残った痕跡も消えて本当の意味での消去になります。

完全抹消ソフトは別のファイルを上書きする必要なく確実にデータの痕跡を
全て消して白紙に戻すためのツールで、空き容量自体の表示に変化はありません。

HDDの空き領域を拡大してもコンピューターの調子が良くならない時は、
パソコンサポートセンターの店舗で専門のスタッフの方に
破損している箇所の修理や、システムの快適化をしてもらう事をお薦めします。



『「パーティションの変更」のカテゴリーの前後のページ』

«

»