パーティション(パーテーション)を復旧するには?

ハードディスクドライブのデータが保管されているパーティション(partition:または通称でパーテーション)の部分を
誤って削除してしまったり、パソコンウイルス感染や熱暴走・老朽化による物理的な故障で読み込めなくなった場合は、
どのようにすれば内部のデータを復旧できる?という疑問について。

データの上書きをしないように注意

まず、消えたファイルを元に戻す前に、CドライブまたはDドライブのHDDにあるパーティションを
消去=データー抹消というわけではなく、フォーマットした直後ならまだ読み込みができないというだけで、
内部のファイルは、消去したパーティションのHDDから、まだちゃんとセクタの中に記憶されています。

ですが、ここから再インストールや書き込みを続けたり、FDISKなどを使った分割を行ってしまうと、
フォーマット以前のデータは次第に消えてしまうため、まずは必ず最初に復元の作業や依頼の手続きに取り掛かってください。




消えたファイルの復元

Windowsからエクスプローラーで「コンピューター」のディレクトリを見ると、ディスクの空き容量が満タンの状態、
つまり空になって表示されているのですが、この状態であれば、消えた拡張子の痕跡データが残っています。

何も手を入れずにすぐにデータ復元ソフトウェアの『ファイナルデータ』などを使えば、
消えたパーティションの領域から、別の外付けHDDやDVD-Rにコピーする形で、多くのファイルの修復を完了できます。

増設でないメインのハードディスクドライブにあるパーティションを削除した場合は、データ復元ソフトを
Cドライブに直接インストールせず、DVDブートやUSBブートの機能でアプリケーションを立ち上げることをおすすめします。

(一つのパーティションの分だけでなくHDD全領域のクラスタスキャンでの復旧作業のため時間が結構かかりますので、
途中のフリーズやシステムダウンにはご注意ください。)

外付けHDDケースが故障したり、パソコン本体が壊れてしまった場合は、内部のハードディスクドライブ自体は
まだ破損していない場合が多いため、HDDを取り外して、別のパソコンから内部のフォルダーの読み込みをして、復旧することができます。

ですが、物理的なHDDの故障による場合では、他のパソコンへの付け替えや、ソフトウェアでの読み込みができないために、
自力で復活させるのは非常に困難なため、専門のデータ復旧サービスにお願いをしてもらうのがほぼ唯一の方法になります。

破損した後に無理な起動や書き込みをされてしまうとデータ記憶部分の痕跡が消えてしまう可能性が高いので、
すぐに状態診断をしてもらうことが望ましいです。