リカバリー領域にデータのバックアップは含まれていない?

システムエラーや侵食型のウイルスプログラム障害でパソコンの動作にひどい異常が見られて
まともに使用ができそうに無くなってしまった場合は、ハードディスクの交換や新品への
買い替えの前に、『リカバリ領域』から購入前の正常な初期データを引き出して
ハードディスクドライブを再セットアップする事で、ある程度の割合で修復することが出来ます。

(※クラッシュなど物理的な破壊が起きている場合はこの方法では直せません)

再セットアップ前の注意点

リカバリ領域とはハードディスクドライブ内で普段稼動させているパーティション
部分とは別の領域で、購入前の初期ステータスの設定が記録されています。

なので今までにPCを使って保存したファイルやインストールしたプログラム等の
全てのデーターはこちらには保管されていません。

リカバリーの指示の前に警告メッセージは表示されるのですが、バックアップを
行わずに再セットアップを行ってしまうと今までのデーターが全部
消去されてしまう惨事が起きてしまいますので注意しましょう。




予めコピーして取って置く対策

そのため可能でしたら、使うデータのバックアップは必ず事前に、外付けハードディスクやRAID、
NAS、クラウド、個人サーバなどの場所へ行ってください。

間単に書きますと、PCが壊れる前でしたら予めコピー&ペーストをして
外付け記憶メデイアのフォルダに予備ファイルを取って置き、待機させておけば
いつでも別のパソコンや直したマシンに移し変えて再び使用することが可能です。

もしこの対策をする前にシステムが壊れてバックアップすら不可能な状態でしたら、
プロのデータ復旧サービスセンターに注文をして、内部データを引き出してもらうことができます。

再セットアップができない場合はハードディスク交換をして、壊れたHDDからは
データを回収してもらい新しいハードウェアに移し変えてもらうこともできます。



『「パーティションの変更」のカテゴリーの前後のページ』

«

»