Macパソコンでファイルが見つからない時の探し方

AppleのMac OS Xが使われているMacパソコンの中で、内蔵のハードディスクやSSD、または外付け記憶装置のどこかに必要なファイルやツールがあるはずなのにどこにも見つからない、という場合について。

例えばFinderやデスクトップ上のフォルダーのファイルの数が多くなりすぎたためにどこにいったかわからなくなってしまう事は、誰でも時々あるかと思われます。

またはデータのインストール、ペーストをしたけど どのドライブの、更にどのフォルダの場所に保存されているかわからない、というケースもありますね。

外付けRAIDなど、外部にある大容量記憶システムをUSBケーブルでつなげてそちらの「マス・ストレージシステム」(mass storage system)にもたくさんのデータを保存している時はさらに探しにくい場合もあるかと思われます。

そんな時には、まずデスクトップ画面の背景のどこかをマウスでクリックします。

すると画面の上のバーの文字が「Finder」(ファインダー)に表示が変わりますので「ファイル」のタブにカーソルを移動させて「検索」の項目を選択します。

(またはショートカットキーでcommandキー+Fキーを押します。)

「このMacを検索」という検索パネルのウィンドウが出てきますので、ここの右上枠の
虫眼鏡のマークが付いた「サーチボックス」に、見つけたいファイル名や拡張子の名前を入力します。

すると、入力した文字の対象に含まれる拡張子ファイルの一覧が下の表示枠に自動的に出てきますので、その中から探します。

また、RTFやtxt、php、またはWordやExcelなどの文書ファイルの場合、ファイル名や拡張子名がわからなくても、テキストシートに記入して保存している文章の一部の文字だけでも覚えていれば、その単語を入力すると同じように文字が文章内に書かれたファイルを検出する事もできます。

外付けハードディスクの中身など、特定のフォルダーの領域にある事がわかっていて、そこから先が見つからない場合にディスク領域限定で探したい、という時は、同じく「Finder」のメニューの「ファイル」にある「検索」を選択します。

外部記憶メディアを接続している状態で同じようにウィンドウを開いたら、左の一覧にある[デバイス]の項目の「外部記憶装置の名称を選択します。

そして右上の検索窓にファイル名や拡張子名などの文字を打ち込むと、対象のデータファルの一覧が表示されますので、使うものをそこから探します。

また、「種類」のタブでは最後に開いた日や最終変更日、作成日、名前、内容、その他の複雑な設定を組んで、より限定してスキャンする機能も実行できます。

(ゴミ箱にあるファイルだけは「このMac」のタブでは表示されないので、その横に出ている「ゴミ箱」に合わせてチェックしてください。)




マッキントッシュのコンピューターでは、外付けHDDやUSBメモリなどの外部デバイスから削除したデータも、一旦Macのごみ箱へ移動します。

もちろん「書類」「デスクトップ」「アプリケーション」「マイファイル」「ミュージック」「ピクチャ」「ムービー」「AirDrop」「リモートディスク」といったそれぞれ専用の収納庫も揃っていますので、もし格納している場所に大まかに目星がついていたら、そちらを順に開いて確認するのも一つの方法ですね。

「任意」の一覧タブを使えばこれら特殊なフォルダ限定で選びスキャンを設定できます。

検索パネルのウィンドウ右の「保存」のボタンは「スマートフォルダ」の設定アイコンで、検索条件の設定を保存して、次回も同じ分別の仕方でファイルを探せるので手間が省けます。

他の手順として、「Finder」の「ファイル」のタブの「環境設定」を押して、デスクトップに表示する項目のうち「ハードディスク」や「外部ディスク」にチェックを入れると、デスクトップ上に「Macintosh HD」といったアイコンが映ります。

これをクリックすると、ソフトウェア、システム、ユーザ、ライブラリといったドライブ内の主なフォルダーの中身を閲覧できて、また同時にウィンドウの右上のサーチボックスでも検索する事ができます。

これらの方法でデータが見つからなかった場合は、Mac OS X10.4以降のOSの場合はデスクトップ右上にある虫眼鏡マークの「Spotlight」(スポットライト)のアイコンを押します。

ここで出てくるサーチボックスに文字を入力すると、書類やイメージ、そして最近のウェブページやWikiページなど、あらゆる検索結果が一覧になって一度に表示されるので、目的のものやその参考資料を大変探しやすいです。

SpotlightはDockメニューにあるシステム環境設定の「Spotlight」で検索結果に表示する・しないの対象を自分で設定できます。

しかし、これらの機能を一通り試しても探したいファイルが検出できない場合、そのMac OS Xのパソコンと外部記憶装置には元々入っていなかったか、もしくは何かの操作ミスやアンインストールで削除したり、システムの破損やシステムのエラーなどが原因で壊れてしまったおそれもあります。

間違いなくそのパソコンや外付けHDD、RAID、USBメモリなどの中にデータがあったはずだけど削除したかもしれないのでなんとか元に戻したい、という際には、Mac OS Xに対応されたデータ復元ソフトウェアを入手してスキャンをするか、専門のデータ復旧サービスに出して見てもらわれることをおすすめします。