外付けHDDがMacパソコンで認識しない時に復旧するには?

パソコンをはじめとする電子機器に、大容量の補助記憶装置(Auxiliary storage)として使われている、
外付けのハードディスクドライブ(Hard Disk Drive)を、
macOSのオペレーティングシステムがインストールされているApple製のパソコンに、USBから接続したら、
デバイスが認識しない状態で内部のデータファイルが開けない、というトラブルが出ることがあります。

そんな時には、どうすれば付け替えしたHDDの読み込みの状態を復旧することができる?という疑問について。

認識しないHDDのUSB接続の状態をチェック

まず、macOS(Mac OS X)のデスクトップの画面上、またはグラフィカルユーザインタフェース(GUI)の、
Finder(ファインダー/マイファイル)で「NO NAME」といったHDD型のアイコンが表示されない場合に、
認識しない外付けハードディスクとその内部データの読み出しを復旧する手順について。

ひとまずは簡単なチェックとしまして、対象の外付けHDDの電源スイッチがオンになっていて、
アクセスランプが正常に点灯しているかどうかをお確かめください。

ポータブルHDDの場合は、電源コンセントは付いていないですが、
ランプが点灯しているかどうかによって、通電している状態であるかを判別できます。

Macパソコンへ接続するUSBケーブルが外れていたり、
「USB3.0~」のコネクタが対応されていないUSBポートや古いカードリーダー/ライターに、
コードが差し込みされていましたら、一度取り外して差し替えすると読み出しが復旧することもあります。

また、外付けHDDのUSBコネクタにホコリやごみが詰まっていたら、正常に認識しないケースがあります。

そのため、細い針やクリーニングキットを使って、丁寧に取り除いてみください。

もしUSBのコードが折れたり割れていた場合は、外付けハードディスクのメーカー先のサービスにて、
代わりのコードを取り寄せて交換されてみてください。




システム管理コントローラ(SMC)をリセットする

次に、MacBook Air(マックブックエアー)やMacBook Pro(マックブックプロ)の、
ノートパソコン(Laptop Computer)などのマシンで外付けHDDが認識しない時に、復旧をする手法について。

まず、システム管理コントローラ(SMC/System Management Controller)に不具合が出ているために、
macOSなどのオペレーティングシステムの状態に異常が起こる場合があります。

その際には、システム管理コントローラをリセットすることで、
Macパソコンにおけるデバイスの問題も修復できる見込みがあります。

ひとまずは、macOSをデスクトップの画面で「システム終了」を実行して、パソコンの電源を閉じます。

キーボードの左側に位置する、「controlキー」+「optionキー」+「shiftキー」を長押しして、
続けて「電源ボタン」もそのまま押して、4つを同時に10秒間、長押しします。

それから電源ボタンを押して、Macパソコンを起動すると、Appleのマークに白い背景とゲージの画面が出てきます。

デスクトップの画面が開けたら、SMCがリセットされているか、
また外付けHDDが認識できるかどうかを、接続し直して確認します。

USB接続した際に、デバイスのアイコンが正常に表示されてデータが開ければ、システムの復元に成功です。

ですが、もしSMCやNVRAMのリセットがうまくいかず、デバイスが正常に認識されずに、
機器の操作ができない時は、それ以上の稼働は控えて、プロのデータリカバリーサービスに出して、
開けない外付けHDDからの、必要なファイルの復旧をしてもらわれることを推奨します。




NVRAM(不揮発性ランダムアクセスメモリ)をリセットする

また、Macパソコンにある、「NVRAM」(Non-Volatile RAM/不揮発性ランダムアクセスメモリ)にも、
異常が起きていて、デバイスが正常に読み込みができなくなる可能性もあります。

その状態から復旧をするには、上記と同じく、まずmacOSのシステム終了をしてパソコンをシャットダウンします。

もう一度MacのPCの電源ボタンを押したら、すぐにキーボードの、
「commandキー」「optionキー」「Rキー」「Pキー」を4つ同時に押します。

そして2回起動音が鳴るまで、または20秒間長押しして、キーを押すのを止めます。

パソコンのデスクトップの画面が開いて、外付けHDDなどの外部のデバイスが正常に開けたら、復旧は完了です。

Macパソコンと外部の装置に熱が溜まったら冷ましてみる

次に、MacBook Airなどのノートパソコンに、かなり長時間、外付けHDDやUSBメモリなどの
外部のデバイスを接続して稼働させていて、熱が溜まった後で、一度取り外してからすぐに付け直した場合の対処法について。

状況によって、パソコンに正しく認識されずにアイコンが表示されないことがあります。

その際には、しばらく外付けHDDの通電をせずに置いておいて、またパソコンも電源を閉じてしばらく経って、
機器が冷めた頃にもう一度接続をし直すと、デバイスとデータのが読み込みが復旧することもあります。

Macintosh(マッキントッシュ)のデスクトップパソコンや、古いノートパソコンが不調な時は、
内蔵のバッテリーがあるマシンでしたら、一度取り外しか交換をすることで、復旧する場合もあります。

また、Macパソコンで外部デバイスが認識しない時に復旧するには?という疑問については、こちらのページにて。

USBメモリなど、他の周辺機器が接続できない時には、
それぞれの電子機器の解説コーナーや専門のサポートもぜひ参考にされてみてください。




外付けハードディスクのケースを分解して取り出す

次に、Macパソコンの方ではなく、外付けハードディスクのケースのコントローラーボードやスイッチといった、
回路の方が故障していて、データファイルが開けないと思われる場合に付け替えをする手法について。

ひとまずは、ELECOM(エレコム)のハードディスクの製品のQ&Aといった、
メーカー製品の取扱説明書や、サポートセンターのよくある質問のページを参考にされてみてください。

ほかにも、内部のハードディスクドライブを取り外して、別の読み取り装置に付け替えて、
ストレージのデータファイルを開く形で復旧する手法もあります。

ドライバーを使って中身を開ける製品でしたら、ネジを外して、外付けHDDケースのカバーを丁寧に外します。

コントローラ(基板)のインターフェースから、ハードディスクをスライドさせて取り外します。

そして、デスクトップパソコンの空いているドライブベイに増設します。

またMacBookなどのノートパソコンの場合は、別の外付けHDDケースやUSB変換ユニットに取り付けて、
USBコネクタに繋げてから、ボリュームと内部のデータファイルを開いてみてください。

データ復旧サービスでサルベージをしてもらう

もし、MacのパソコンにUSBポートで外付けハードディスクを接続して読み込み直すといった
上記の作業が個人では難しそう、またHDDの取り出しが難しい構造のケースの製品の場合は、
プロのデータ復旧サービスセンターに依頼をして、内部のハードディスクを取り出しして、
必要なファイルやフォルダーをサルベージしてもらうことができます。

また、ストレージのハードディスク自体がヘッドクラッシュといった故障で開けない時も、
物理障害からの復旧として、内部に保存されたデータファイルを回収してもらうこともできます。