ポータブルハードディスクが認識しない時に復旧をするには?

USBコネクタを通してパソコンや他のコンピューター装置にコンパクトに接続できる
ポータブルハードディスク』(Portable Hard Disk Drive)をつなげてみたら、
外部デバイス装置として認識しない場合や、ディレクトリが開かずファイルが見れない場合、
どのようにトラブル対処をすれば復旧できる?という疑問について。

USBケーブルが正常にアクセスできるかを確認

※こちらの例では、Transcend(トランセンド)製の2.5インチサイズでSATA方式の
 ハードディスクドライブを使用するポータブルHDDのケース「StoreJet 25M3」の製品を
 Windows 8.1のOSのパソコンに接続してデータ復旧を行う場合について、解説していきます。

まず、最初に付属のUSBケーブルを差し込みして、ポータブルハードディスクケースの電源ボタンを押して、正常に付くか確認します。

USBケーブルも試しに別のコネクタに差し替えてみます。




フォーマットが違っていてデータが読み込みできない時は?

以前に別のオペレーティングシステムやファームウェアのコンピューターで先に
そのポータブルハードディスクを、例えば「XFS」などのジャーナリングファイルシステムで
フォーマットを掛けていた場合は、WindowsやMac OS Xに対応されず、読み込みができません。

ボリュームの認識自体はできても、フォーマットが異なるため中身のファイルが展開できず、
読み込みが可能になる機能を備えた特殊なアプリケーションソフトを
パソコンにインストール・セットアップして、そのウィンドウで展開する必要が出てきます。

またはそのファイルシステムの形式に対応された元の使用していた機器で開く必要があります。

ポータブルハードディスクが通電していない時に復旧するには?

もし電源が入らず、アクセスランプなどが点灯しない時は、ケースの内部にある
コントローラーやインターフェースなどのパーツが故障しているおそれがあります。

特に、HDDから異音が鳴っている時は、ヘッドクラッシュという物理的な障害が発生している
可能性が高いため、それ以上は動かさずに、専門のデータリカバリーサービスに
問い合わせて、ファイルの取り出し作業を行ってもらうことをおすすめします。

ポータブルHDDケースからハードディスクを取り出しするには?

ハードディスクの取り出し際には、ポータブルHDDケースを分解して、中身のハードディスクドライブを
カートリッジ本体から取り出して、別の方法で読み込みする復旧の手段を実行していきます。
(分解と取り付けの作業は、必ず自己責任の元でお願いいたします。)

まず、蓋にシールが貼られて固定されていましたら、そちらを剥がします。

次に、小さめのプラスドライバーなどで、固定された螺子を回して取り外します。

マイナスドライバーなどを使って、ケースの蓋を慎重に割らないようにして、
丁寧に引っかけの止め部分を上げながらゆっくりと外していきます。

カートリッジ部分の蓋が取れたら、HDDを覆っているゴムを外します。

コントローラーボードと2.5インチ型ハードディスクを止めているネジを
プラスドライバーで外して、次にコネクタを外してHDDを取り出します。

HDDを違うパソコンに付け替えするには?

このハードディスクを、例えばデスクトップパソコンのPCケース内部にある
空きのドライブベイに、2.5インチサイズ用の変換マウンターに取り付けてから差し込みます。

そして電源ユニットから伸びているコードの中間コネクタと、
予備のシリアルATAケーブルをHDDのインターフェースとマザーボードのコネクタに差し込みます。

あるいは、市販の2.5インチでSATA方式対応の外付けハードディスクケースを購入して、
そちらのカートリッジに差し込んでリムーバブルディスクとしてUSB接続をします。

ノートパソコンやPC以外のコンピューターに繋げる時にもこの方法を行います。

新しいポータブルデバイスが認識されない時は?

この状態でパソコンの電源を起動して、スタート画面かデスクトップ画面が開いたら、
エクスプローラーを開いて、「Transcend」などの名称で新しいボリュームが表示されていて
中身のデータを開けるかどうか確認します。

最初は新しいドライブが認識しないで何も表示されない事があるのですが、
一度パソコンを再起動すると、その次にはデバイスが認識されてアクセスできる場合もあります。

それでも表示されない時には、コントロールパネルの管理ツール⇒コンピューター管理
⇒「ディスクの管理」で、正常にボリュームが認識できているか確かめてみます。

破損したHDDをデータ復旧サービスで見てもらう

しかし、ハードディスクそのものが経年劣化による寿命やヘッドクラッシュによる物理障害、
インターフェースの破損、湿気の充満、水濡れ、錆び付き、高温、低温、強打などの原因で
故障してしまうと、一般個人では機器に認識できず、データの読み込みができなくなります。

ハードディスクを同じ2.5インチサイズでSATA方式の新品に取り換えれば
また再度使用が出来るのですが、壊れた方の古いハードディスクのデータの方は、
バックアップができていなかったら、そのままでは閉じ込められて読み込めなくなります。

その場合には、物理障害に対応されていますデータ復旧サービスセンターへ注文して、
ポータブルハードディスクを送付して、
内部に閉じ込められたデータを別の補助記憶装置に移し替えてもらわれることをおすすめします。