Macパソコンでハードディスクのデータを復旧するには?

Apple.inc製のパーソナルコンピューターである、Macintoshのパソコンで使用している、
ハードディスクドライブやSSDに保存してあったデータファイルを、
誤って削除するなどして失ってしまったら、どうすれば復旧することができる?という疑問について。

Finderで間違えて削除したファイルをゴミ箱やクラウドから元に戻す

まず、macOSのFinder(ファインダー)で書類フォルダーなどから開くファイルを普通に削除しただけの軽いトラブルなら、
「ゴミ箱」のフォルダーを開くと、まだそちらに移動していて残っている場合がほとんどです。

macOSでは、外付けハードディスクなどの多くの外部のデータ記憶装置で消去したファイルも、
ゴミ箱フォルダーに記憶されて残ります。

また、Launchpadの「その他」の項目にある標準機能である「Time Machine」(タイムマシン)を、
事前に設定していれば、そちらを開くと各データ記憶装置のフォルダーが展開されます。

以前にMacパソコンでデータが保存された日付が、日めくりカレンダーのような形で順番に遡って表示できます。

この中から、間違えて削除してしまったファイルがある日付の項目を選んで、
「復元」を押すと、その時のハードディスクのデータを復旧することができます。

また、クラウドコンピューティングの「iCloud」(アイクラウド)などのデータの保管機能を、
事前に設定していれば、内蔵HDDまたはSSDの内部の一部のデータはそこから回復できます。




ハードディスクドライブをデータ復元ソフトウェアで検査する方法とは?

しかし、どこにもMacパソコンのバックアップデータが取れていなかったり、
ゴミ箱ごと消去してしまった場合は、ソフトウェア的な論理障害の場合に個人でできる別の手法としまして、
市販のmacOSに対応された、「データ復元ソフトウェア」を使用する方法があります。

※こちらの一例では、データ復元ソフトの『Data Rescue』(データレスキュー)を、
 マッキントッシュのPCのオペレーティングシステムで使用する手順について、解説いたします。

スキャンをかけるストレージは、AppleのMacintoshのパソコンに内蔵されたHDDやSSD、
または外付けハードディスクと、使用はどちらでも大丈夫です。

また、内蔵のHDDのデータ取り出しをする手段については、こちらのページにて。

検出できたファイルを保存する場所が、該当するハードディスク以外に一か所必要なため、
別の外付けHDDか、USBメモリ、DVD-Rなどをひとつ用意して、Macパソコンに読み込ませてください。

この時点で、もしHDDから「カタカタ…」と異音が鳴っている時は、それ以上は動かさずに、
プロのデータのリカバリーサービスにて、復旧の対処をしてもらわれることを推奨します。




MacパソコンからHDDのスキャンを実行して消えた拡張子を検出する

次に、『Data Rescue』をMacのパソコンにインストールして、
(内蔵ドライブをスキャンする場合はブート機能で)起動します。

「新たにスキャンを開始」の項目を押します。

大量のHDDである内蔵ブートドライブ、または外付けUSBの項目を選んで、「次」で進みます。

「クイック」「ディープ」「削除スキャン」などの項目を、用途に合わせて選んで、
「開始」を押すとMacパソコンのボリュームのスキャンが始まりますので、しばらく待機します。

(「ディープ」の機能でなければ、ハードディスクのファイルを検出できない場合も多いです。)

再構築したファイルのフォルダーを開いて復旧する

検出の作業が終わったら、「再構築ファイル」または「見つかったファイル」のフォルダーの一覧を開いて、
その中の、拡張子の種類のフォルダーを選んで開きます。

復元したい対象のデータファイルがありましたら、それらを選択して「復旧」を押します。

保存したいフォルダー先を選んで、「開く」を押すとそちらに書き込みされて、「復旧完了」と出ます。

「表示」を押すと、保存先のハードディスクのフォルダーが開きますので、
書き込まれたファイルを一つずつ開いて、正常にデータの復元ができているか確かめて、作業は完了です。

また例として、バックアップからMacを復元する の解説も参考までに。

オペレーションシステムやソフトウェアは、基本的に製品のディスクやイメージディスクから、
再度のインストールをすることで、Macパソコンの復旧をすることが必要になります。

プロのデータリカバリーサービスで修復をしてもらう

しかし、一般の個人でできるデータ復元ソフトウェアでの方法だと、
必ずしもMacパソコンから消えたすべてのファイルが、正確な形でスキャンして復旧されない場合も多いです。

また、”論理障害”ではなくハードウェア面での”物理障害”でHDDが読み込みできない場合は、
PC上でディスクが認識できなくなるため、上記のようなシステム的な修復の方法が効かずに、
一般の個人では、ストレージに保管されたファイルの取り出しが難しくなります。

(ドライブ装置の本体ではなく、HDDケースやケーブルのみが故障している場合は、
 外付けのケースやケーブルを新品に交換することで、また読み込みできるようになって、
 開かなくなったデータの復旧もできます。)

それらの場合には、それ以上無理にハードディスクを読み込もうとすると、
余計に故障の状態が進行するおそれがあるため、一旦パソコンの電源を切るか、ケーブルを取り外します。

Macパソコン、またはハードディスクをMacintoshパソコンに対応されています、
データ復旧サービス会社の方に問い合わせて、論理障害、または物理障害からの、
失った必要なデータの救出が可能かどうかの、診断を受けてもらわれることをおすすめします。