メモリーカードから消去した保存データを復旧するには?

メモリーカード(memory card)に保存されたフォルダー(Folder)から、
間違えて重要なファイルを消去してしまった時に、後で拡張子を復元したり、
誤った初期化(data format)のミスによってストレージから失った時に、
消えたデータを復旧する方法には、どういったものがある?という疑問について。

データをコピー&ペーストでクリップボードに保存する手法とは?

まず、アドレス番号や着信履歴、インターネット、お気に入り、待受画像、カメラ写真、電子メール、
アプリ、メモ帳のテキストなど、使い込んだメモリーカードに入れたデータを挙げてみると、
相当に膨大なファイルが一瞬で損失してしまうのが、最も深刻なトラブルになりがちです。

SDカードやmicroSDXCメモリーカード、コンパクトフラッシュ、スマートメディア、
メモリースティック、xDピクチャーカード、USBメモリ
といったデータ記憶媒体は、
ハードディスクドライブに比べると最大容量が小さいため、
パソコンや外付けHDDに事前にバックアップをしていれば、ある程度は自己でデータの復旧ができます。

パソコン上でデータをコピー&ペーストでクリップボードに保存するには、
メモリーカードをWindowsのエクスプローラーやMacのFinderといったファイルマネージャーで、
またはダイアログボックスの画面や管理ソフトウェアなどで開きます。

次に、テキスト、または写真やCG(コンピュータグラフィックス)の画像といった、
必要なファイルを選択して、クリップボードのバッファに一時的に保存します。

そしてエディタやワークシート、入力フォーム、グラフィックソフト、プレゼンテーションソフトなどに、
貼り付けをするコピー&ペースト(copy and paste)で、データを複製して、ファイルを保存します。




消去してしまったファイルを復元する方法とは?

例えば、Windowsの場合はリムーバブルディスクとして接続している間に、
フォルダーから誤って写真画像などを削除すると、ゴミ箱に入らず直接消去されるのでご注意ください。

macOS/Mac OS Xの場合は外部のデバイスに保存しているファイルでも、
ゴミ箱に一旦移行しますので、後でゴミ箱を開いて元に戻すこともできます。

次に、メモリーカードのみに保存していた最新のデータが消えてしまった場合は、
Windowsの「ファイル履歴」やmacOS/Mac OS Xの「Time Machine」では開かないため、
別の方法で復旧を試みる必要が出てきます。

そこで「ファイナルデータ」や「完全データ復元PRO」「データレスキュー」といった、
市販のデータ復元ソフトをパソコンにインストール・セットアップして、
メモリーカードのスキャンをして、回復させる手順を試みる方法もあります。

初期化したメモリーカードのデータをMacパソコンで復元する方法については、こちらのページにて。

ネット上にデータを保存するクラウドコンピューティングとは?

次に、クラウドコンピューティング(cloud computing)のシステムを最小限の操作で簡単に使用できるように、
パソコンやスマートフォン、モバイル端末に、クラウドアプリケーション(cloud application)を、
新しくインストールする、または最初から搭載された専用のソフトウェアを使って開くのも便利です。

たとえば、スマートフォンやタブレット端末など、
ネットワークにアクセスが可能な電子機器にて使用されているメモリーカードの場合は、
インターネットに接続して「クラウドコンピューティングのサービス」(オンラインストレージ)に
アカウント登録をして、そちらにファイルのバックアップして保存するのも有効です。

携帯情報端末から消えたデータも復元できる?

一方、スマートフォンといった、持ち運びができる携帯情報端末(Presonal Digital Assistants)は、
一般の個人では基本的に、内蔵のフラッシュメモリドライブは、直接的にはアクセスや取り出しができません。

そのため、主に個人では、SDメモリーカードのみがデータ復元ソフトでのスキャンができる対象となります。

また、普通の携帯電話(cellular Phone)に差し込みされているSDメモリーカードから、
間違えてファイルを削除してしまった時も、データ復元ソフトでスキャンをかけることができます。

ほかに、スマートフォンといった携帯情報端末(パーソナル・デジタル・アシスタンツ)や、
タブレット端末、携帯オーディオプレーヤー(portable audio player)などの機器は、
パソコンと同期をすることで、一部のデータをバックアップして、後で復旧することもできます。

例としまして、MPC(MediaPlayerClassic)の管理ツールであり、
iPhoneやiPadで使うiTunes(アイチューンズ)といった、専用のソフトウェアを用いて、
一部のデータファイルのバックアップ・復元をしたり、システムの問題をある程度、修復することもできます。

電子メールのデータを失った場合は、送信元の個人または企業の、差出人(sender)の方に連絡をして、
同じメールを再送信していただけるように、連絡を取ってみる方法もあります。

メモリーカードをデータレスキューサービスで復旧してもらう

また、これまで使用していたメモリーカード(memory card)を落としたり、
硬い壁や机などにぶつけたり、水濡れや水没に遭われた場合など、
内部の回路のクラッシュにより破損してしまった手痛い経験をお持ちの方は、
他のコンピューターをお使いの方と同じく非常に多いと思われます。

デジタルカメラやデジタルビデオカメラなどの、メモリーカードを差し込んでいる、
小型のコンピューターの機器の本体そのものが破損するのも手痛いですが、
内部に登録していたデータを失う方が痛いことも多いものです。

もし、重度の論理障害のが起きて、すでに新しいファイルを上書きしていて痕跡データが検出できなかったり、
メモリーカード自体が物理障害で破損してデバイスが読み込みできない場合は、
専門事業のデータ復旧サービスセンターで、検査をしてもらうことができます。

過去に回路が壊れてしまい、まだ残してあるメモリーカードがあった場合も、
データレスキューサービスにて、デバイスの内部のファイルの復旧をしてもらわれることもおすすめです。