フラッシュムービーなどの動画の映像ファイルのトラブル対策

現在ネットではYouTube(ユーチューブ)、ニコニコ動画、Yahoo!動画(ヤフー)をはじめとした、
ビデオ映像をインターネット上で閲覧できる「動画ムービー」がのサービスが大流行しています。

動画サイトとは、デジタルカメラや、デジタルビデオカメラ、ネットワークカメラなどの撮影機器で
撮影した映像をネット上にアップロードしたり、公式配信や商品の紹介、宣伝プロモーション動画、
映像フラッシュ編集、変換ソフト、市販ソフトウェアで加工した映像を投稿するコミュニティです。

Video Camera

また面白動画を発掘してピックアップしたナビゲーター、サンプル紹介サイトに
動画専門検索エンジンやブックマーク、更には小型の電子機器からも観られるようになったりと
YouTubeの登場以来、ここ2~3年で爆発的広がりを見せています。

ムービーのデータを管理

しかしながらこれだけ広範囲かつ一般的になると、まだブームが広まって
月日が浅い分その分映像mp3などのMPEG形式のデータ・拡張子ファイルの編集や
投稿の際でのトラブル対応も同様に進歩していかなければなりません。

PC内に保管しているファイルは物理的な故障や溜まった削除・フォーマットなどで
消えてしまう事も多いため、バックアップやセキュリティの管理も必要になります。





まず、デジタルカメラやデジタルビデオカメラで撮影した録画映像は
写真画像ファイルとともに、パソコンに同期してDドライブや外付けHDD、USBメモリ
といった記録メディア媒体にきちんとこまめにバックアップを撮っておくと安心です。

もちろんそのまま使っているmicroSDメモリーカードをしっかりと安全な場所に
保管しておくだけでもとりあえずは保全になります。

ただ、念のためにやはり1つはファイルのコピーを取っておくのが望ましいです。

動画に限らずデータファイルの損失は決して珍しいことではないので、
やはり日々のバックアップによる保管が非常に大切です。

最も多いアクシデントの一つ、削除や上書き、エラーによる動画データの破損が
起きてしまった場合には、専門のデータ復旧サービスにて復元してもらう事ができます。



『「ビデオカメラ動画の回復」のカテゴリーの前後のページ』

«

»