マウスが操作できない時にキーボードから入力して回復するには?

Windowsのパソコンを操作している最中に、新しく何かのアプリケーションソフトを
インストールした直後やエラーの問題が発生出た時、システムを設定変更した時などの影響で、
マウスを動かす際にカーソルが移動せずに操作が効かなくなった、という時の回復方法について。

主なマウスの製品一覧

・Microsoft(マイクロソフト):69K-00001 ナチュラルワイヤレスレーザーマウス6000
・Logitech(ロジテック):ワイヤレスレーザーマウス タッチセンサー式ホイール搭載 MX-A
・Sony(ソニー):VAIO ブルートゥースマウス ブラック VGP-BMS21/B
・ロジクール:VX ナノコードレスレーザーマウス フォア ノートブック VX-N
・Kensington(ケンジントンオービット):ワイヤレストラックボールマウス
・Hippus:RSI HandShoe ワイヤード・マウス USB1.1,2.0互換性
・BUFFALO(バッファロー):無線2.4GHz 光学式マウス 静音/3ボタン ブラック BSMOW20SBK
・ELECOM(エレコム):ワイヤレスBlueLEDマウス M-XG 2.4GHz 5ボタン Lサイズ ブラック M-XG2DBBK
・サンワサプライ:オプティカルマウス 有線光学式 レッド MA-111HR
・SODIAL(R) :USB有線光学式ライトスクロールホイールマウス PCのラップトップコンピュータ用

まず、一度パソコンをシャットダウンして、マウス、またはUSBのアクセス用カードを
USBコネクタから引き抜いて、もう一度差し込みしてから再度、パソコンを起動します。

それでもまだマウスカーソルが動かせない場合は、試しに、別のマウスに交換してみます。

もしノートパソコンをお使いであればタッチパッドから操作、あるいはペンタブレットや
液晶ペンタブレットのディスプレイをお持ちであれば、そちらを接続して動かしてみます。




アプリケーションのアンインストール

アプリケーションソフトをセットアップした場合に問題が発生した場合には、
アンインストールを行えば元の状態に回復できる見込みがあります。

キーボードの『Windowsキー』と『Rキー』を押して『ファイル名を指定して実行』のバルーンを開きます。

「control」と打ち込んでEnterキーを押すと、コントロールパネルの画面が開きます。

十字キーで『プログラムと機能』の項目を選択してEnterキーを押します。

下方向キーを繰り返し押して、最近でインストールしたユーティリティーの名称を選択します。

『アプリケーションキー』または『Shiftキー』+『F10キー』で右クリック画面を開きます。
下方向キーで『アンインストール』を押すと、プログラムが削除されます。

この状態でまたマウスを動かしてみるか、一度再起動してからマウスを操作してみます。

他の理由で操作できない場合、コントロールパネルの画面で十字キーで項目を選択して
『マウス』を選んで『Enterキー』を押します。

『Ctrlキー』+『Tabキー』でそれぞれの項目を見て、異常になっている箇所があれば、
キーボードで操作の可能な範囲で修正してみます。

または、コントロールパネルで『デバイスマネージャー』を十字キーで選択して開きます。

マウスとそのほかのポインティングデバイス』の項目にある『HID準拠マウス』を選択します。

同じく『Shiftキー』+『F10キー』か『アプリケーションキー』を入力して右クリック画面を開きます。

『削除』を選んで、Enterキーを押して、マウスを一度外してからパソコンを再起動させてみてください。

他には、『システムの復元』でWindowsを少し前の復元ポイントの状態に戻したり、
システム修復ディスクなどでの『スタートアップ修復』などで回復を試みます。

それでも元に戻らない時には、マウス自体が故障している可能性もありますので、
別の製品に交換するか、修理に出されてみてください。

どうしてもマウスでカーソルが動かない原因が判明しない時には、
専門のパソコン修理サービス店などに問い合わせをして、状態を見てもらわれることもおすすめします。