音楽CDやDVDのデータを損失した時の復元方法とは?

世間には音楽CDや映画DVDなどを筆頭に、さまざまなディスク型の
再生・書き込み用のデータ記憶デバイスの媒体がありますね。

特に多く普及しているのは音声データを書き込み、74分収録が可能な
CD-DA(Compact Disc Digital Audio:コンパクトディスク・デジタルオーディオ)などが挙がります。

近年ではブルーレイディスク(Blu-ray disc)という最先端のデータ記憶装置も登場しました。

そして徐々に旧世代に移行しつつあるものの、家庭用ビデオテープや
音楽テープにもまだまだ需要があります。

劣化や傷みで再生が出来なくなる損害

DVDなどは保存性が非常によく、物によって100年媒体が保つとも言われています。

こうした便利な録画用のデータ保存媒体ですが、誤って上書きしてしまったり、
ディスク裏面またはテープにキズがつく、暖房の熱などでやられてしまう等で
データを破損されてしまう損害のケースも多いことでしょう。

また何千回も再生をしているうちに劣化したり表面が傷んできまして、
そしてこうなると自分で修復するのは非常に困難です。




CDディスクやDVDディスクにパソコンを用いて書き込みしたデータなどは削除してしまっても、
直後の段階でしたらデータ救出ソフトウェアの機能を用いて直せる場合もあります。

PCにダウンロードした音楽ファイルももちろん大丈夫です。

しかし、ディスクにキズが付くなどしてデバイスから読み込めなくなったり、
データ復旧ソフトを用いても修復が不可能であった場合は自力で直すことは
ほぼ不可能になってしまいます。

また、カセットテープなどのアナログ媒体も同様です。

ですが、パソコン上に保管していた音楽ファイルや作曲の編集用データが
消えてしまった、という場合でしたら自力で修復できる見込みもあります。

パソコン状態の回帰による修復

こういう時にはWindowsの【システムの復元】や【バックアップと復元センター】から過去の
パソコン状態をさかのぼって回帰させたり、市販品のデータレスキューソフトウェアで検出して
再生させてみる、といった、アプリケーションツールによる復活の手段が有効です。

ですが、破損したCD/MDディスクや磁気カセットテープ、VHSから
読み出して救出するのは個人では非常に難しくなってしまいます。 

そんな時には専門業者のデータ復旧サービスに依頼をされてみてください。

もちろんパソコンの大量のデータを失った場合と違って、CDやDVDは大抵買い直しがきくのでそちらの方が安く済むケースも
多いものの、替えの利かない大事な作製ファイル・フォルダーが入っていた時や、
貴重なCD,DVD,MDのデータを破損されてしまった場合に、90%以上の高い
復旧率を誇るデータ復旧センターのサービスにて復元をしてもらうことができます。

自作の楽曲やBGMのデータベースは出来る限り日々こまめにデータのバックアップを
取っておいて、いつでも音楽ファイルを復元できるように心がけていかれることをお薦めします。