エクスプローラーから削除したデータを復元するには?

マイクロソフトのオペレーティングシステム:『Windows』(ウィンドウズ)で
ファイルシステムや個別のフォルダー、拡張子を開く際に使用するインターフェースの
Windows Explorer」(ウィンドウズ・ エクスプローラー)上で誤って、
必要なデータを削除して消してしまったら、どうすれば復元できる?という疑問について。

ごみ箱に移動したファイルを元に戻す復旧の仕方とは?

まず、エクスプローラーの画面上で誤ってファイルやフォルダーを普通に削除した時は、
多くの場合は一旦「ごみ箱」のフォルダーに移動して保管されています。

ごみ箱に消去したファイルが残っていれば、「右クリック⇒元に戻す」の操作で
以前のディレクトリの位置に復元できます。

(またはフォルダ画面で誤って削除した後すぐに「Ctrlキー+Zキー」を押すか、
 ごみ箱メニューの「すべての項目を元に戻す」「選択した項目を元に戻す」で実行します。)

ごみ箱にデータが移行されないケースとは?

ですが下記のような、ごみ箱に移動されない例などもいくつか存在します。

・ごみ箱に入りきらない容量の大きい拡張子やフォルダーを丸ごと削除していた。

・外付けHDD/RAIDやUSBメモリ、SDカードなどリムーバブルディスクのファイルを削除した。

・『Shift&Deleteキー』でエクスプローラーから消去した。

・ごみ箱の容量がすでにいっぱいになっていて古いデータから順に消えていた。

・アプリケーションソフトウェアのアンインストールでフォルダごとまとめて抹消していた。

・外付けの補助記憶装置や増設ドライブにクイックフォーマットを掛けて初期化した。

・ディスククリーンアップなどを使ってエクスプローラーを使わずにごみ箱の中身を空にしていた。

こういった場合はエクスプローラー上のどこにも表示されなくなってしまうのですが、
まだ削除した拡張子のデータ復旧ができる方法はいくつかあります。

最も確実にファイルを復元したい、という際には、まず、やはりプロのデータリカバリーサービスに
問い合わせて、対象のHDDやUSBメモリを送付して、見てもらわれることを推奨します。




バックアップや拡張子の痕跡から復旧する手法とは?

事前にMicrosoft Windowsの各バージョンに標準で搭載された
「システムの復元」や「ファイル履歴」、「Windows7ファイルの回復」「シャドウコピー」
などの機能をオンに設定して常時、定期的に「復元ポイント」を作成するようにセットします。

(こちらの一例では、Microsoft Windows 8.1(ウィンドウズエイトポイントワン)の
 オペレーティングシステムでエクスプローラーを使用している場合について解説いたします。
 Windows 7やWindows Vista、Windows XP〜 では項目の表示が若干異なります。)

これで自動更新バックアップが取れて、タイミング次第で後からこれを使って、
パソコン上にファイルの表示を修復できます。

ソフトウェアを使ったデータの復元方法とは?

または市販の「自動更新バックアップソフト」を使って外付けHDDや増設したストレージなどの
データ記憶媒体にバックアップして保存していれば、そこからサルベージして復元できます。

バックアップがなかった場合でも、まだ他のデータで上書きされていない段階なら多くの場合、
HDDなどの「セクタ」に拡張子の「痕跡」が残留していて、すぐ完全には消去されません。

拡張子の痕跡をスキャンして修復する『ファイナルデータ』などの「データ復元ソフト」を
購入(または試用体験版を入手)してDVDブートなどで修復機能を起動します。

そしてエクスプローラーで開いていたドライブ装置をスキャンして、復元を試みます。

データリカバリーのサービスセンターに依頼

それでも必要なファイルが見つからなかった場合は、専門のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
エクスプローラーで開いていた対象のファイルがあったハードディスクドライブやSSD、
またはメモリーカードをやDVD-RW、外付けHDD、RAIDといったデータ記憶装置を、
持ち込みか郵送で送付して、データの復元を行ってもらわれることをおすすめします。