ネットブックで重いアプリケーション作業を行うのは不向き?

ここ数年で非常に高い売れ行きの廉価版ミニノート型パソコン
ネットブック-NetBook』はWindows XP OSの導入された、
最低限のアプリケーションツールを使えるモバイルPCです。

名称の通り、主にインターネットサーフィンやオンライン取引、リモート操作といった、
ネットワークの利用に役立ちます。

ビジネスでの遠方への外出などの時にLAN設備が完備されているホテルや空港の
ロビー、取引先のオフィスといった外出の場での使用に大変便利な小型マシンです。

NetBookのマシン性能

製品のコスト・値段を下げるために主なスペックは
オペレーティングシステムがWindows 7、8、10(ウィンドウズ・セブン、エイト、テン)、
CPUがIntel Atom(インテル・アトム)かVIA C3(ヴィア・シースリー)、
メイン・メモリの容量は1GB以下、
ハードディスクドライブの容量は160GB以下で、SSDでは16GB以下、
と、今のデスクトップパソコンと比較すると大分抑えた性能になっています。

スペックや頑丈さよりも低価格化が基本的なコンセプトの機種であるため、
Photoshopやプレゼンテーションソフトなどの重いアプリケーションを
インストールして使うのは普通のデスクトップパソコンに比べると不向きです。

またCD/DVDドライブが内蔵されていないため、専用ディスクからソフトウェアの
インストーラーをセットアップするには外付けDVDドライブのUSB接続が必要になります。




動作遅延やフリーズのおそれ

上記の通り、HDDまたはSSDの容量はそれほど大きくないため
使用領域の残りが少なくなると新しいファイルの保存がしづらくなります。

メモリが1ギガバイト以下であるため、画像編集など重い作業を
行うと、動作の遅延やフリーズが起こる可能性もあります。

ネットブックのCPUやメモリへの負担もかかり、故障を早めてしまうおそれもあります。

また、重過ぎるウェブページを複数同時に開くのもお薦めできません。

ですがネットブックも普通にインターネットを開くだけでしたら問題ありません。

ツールバーやその他のアプリケーションはあまりインストールをし過ぎずに
ケーブルや公衆無線LANで接続し、ネットブックはシンプルに使用して、
複雑かつ重い作業は他のデスクトップ機で行われるのが良いでしょう。

もし故障してしまったら、メーカー先のカスタマーサポートか私設のパソコン修理サービスに
修理の依頼の注文を出されてみることをおすすめします。