ACアダプターから電気が通らなくなる故障の原因と復旧の方法は?

ACアダプター(エーシー・アダプタ)とは、AC=交流電源を直流電源(DC)に
変更して電圧を変換し、小型の電化製品などに電力を供給するための電源装置です。

ある時、ACアダプターが通電しなくなって専用の機器が使用できなくなったら、
どのようにすれば復旧ができる?という疑問について。

プラグの断線による損傷

まず、ACアダプターが破損する理由の多くに、電源コードや付け根の部分のプラグの
折れ曲がりによる、断線の原因が挙げられます。

電化製品の取り扱い説明書にもよく書かれているのですが、電源コードやアダプターは
強く曲げすぎると中身の線が折れたり切れてしまい、DCプラグなどが壊れてしまうこともあります。

そのため、持ち運びや収納の際には、コードの部分やプラグを曲げすぎないように注意が必要です。

差し込み口に異物が挟まっている

ACアダプターは、コンセントの差込口と電気製品とを繋げるコードと変圧器・整流器などの
回路で構成されており、主にノートパソコンやスピーカー、電話機、
デジタルカメラ、ポータブルオーディオプレーヤーなどに使われています。

それぞれの機器の差込口に小さなごみや埃が詰まったり、紙などが挟まったり、
あるいは水濡れ・水没して錆びやカビが付着すると、
電気が通らなくなるばかりか、万が一の漏電や火災のおそれもあり危険です。

しばらく使っていないACアダプターは一応確認して、埃を除去して軽く掃除を行うと良いでしょう。

また、安全対策のためのゴム状の電源コンセント用のカバーも販売されています。

電圧の負荷による破損

停電や落雷、水害といった災害が起きた直後に電力が止まって
アダプターが使えなくなった場合、その影響で過電圧が流れて故障しているおそれも考えられます。

しかしこの場合、コンセントを通して接続していたコンピューター製品も
同時に故障が起きている可能性もありますので、
機器の中が焦げ臭くなっていたりしないか、一応確認をされてみてください。

UPS(無停電電源装置)を配置されていれば、落雷や停電により急にパソコンが閉じてしまう
アクシデントを防げます。

電気の供給が止まってから、UPS内部のバッテリーが数分ほどの分が残っていますので、
その間に大事な書きかけのデータを保存して、一度パソコンを閉じて、
停電から電気が復旧するまで待つ、という使い方ができます。

プラグが引っ張られて外れている場合

ACアダプター自体に、電源コードをもう一箇所差し込みをするタイプの製品は、
アダプターの方のプラグが外れていたり、正常に差し込まれていないために通電されていない、
というケースもあります。

特に床の下に置かれているアダプターには多いため、いつの間にかコードが引っ張られていて
ACアダプターのプラグが外れていましたら、それを差し込み直して復旧します。

修理サポートで代替品を注文して交換する

一般の人はACアダプターの中身を分解できないように作られていますので、
無理に内部をこじ開けてパーツをバラして直すのはお控えください。

ACアダプターはノートパソコンなどの製品本体と違い、故障しても安価で
代替品の取り寄せや買い直しが出来ます。

電気店で同じ種類の商品を購入されるか、販売メーカーから注文して代替品を送付してもらい、
新品に交換をすることで故障も解決できます。

またはジャンクショップや、私設のパソコン修理サービス店に同じACアダプターの在庫がある、
というケースもあります。

ノートパソコンやRAIDケース、NASといった機器の本体自体も故障されていた場合には、
内蔵のハードディスクドライブにまだバックアップをされていないファイルが残っていましたら、
プロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、データの取り出しをしてもらわれることもおすすめします。