ネット上で間違えて上書き保存したファイルは復旧できる?

インターネット上でウェブページといったコンテンツの作成や編集を行う際に、
間違えて別の同名のファイルを送信してしまい、元からディレクトリ上に
保存されていたデータを上書き保存で消去してしまった場合、
後からその上書き保存前のデータの内容を復旧することはできる?という疑問について。

下書き保存とページの公開

「元に戻す」の機能で修復できる範囲

まず、ウェブページ上の入力フォームでテキストを書き込みしている際に、
間違えて一部の文書や配置したコンテンツを削除したり、誤ったデータでの
上書き保存のミスをしていたまま「保存」や「投稿」をしてしまった場合、
ウェブページが一度移り変わっていなければ、まだ復旧できる見込みがあります。

「右クリック→元に戻す」または「Ctrlキー+Zキー」を繰り返して、
間違えて入力する前の状態にまでフォームのデータを巻き戻す形で復旧ができます。

また、テキストを入力している間に自動で下書き保存される仕様の
フォームの機能でしたら、多くの場合は「元に戻す」で前の状態にデータを戻せます。

ですが、リアルタイムでのプレビュー機能を展開していると、
「元に戻す」でのデータの修復が効かなくなる場合もあります。

ページの上書き保存の際に、一度ページ自体が更新されて画面が移り変わると、
一時的に記録された分の保存前のデータは消えてしまいますのでご注意ください。




ネットワーク上に残っているデータからの復元

インターネット上に公開しているウェブページを誤ってテキストを上書き保存したり、
間違えてページを削除したり、別のファイルに同名で上書きした場合は、
Google(グーグル)といったロボット検索エンジンにインデックスされているページであれば、
「キャッシュ」(cache)の項目を開くと、数日~数十日前のページの内容が残っています。

そちらのテキストや画像コンテンツなどの内容をメモ帳やホームページ作成ソフト
などにコピー&ペーストする方法で、ネット上の失ったデータを救出することができます。

また、「アーカイブ」(archive)のサービスのウェブサイトにも
以前の状態のページが保存されている見込みがあります。

他にも、タイトルや見出しの部分のみが、RSSフィードやPINGの送信を通して、
どこかのウェブサービスのページに一部分だけ残っている場合もあります。

また、プレビューのページを別窓や別のタブで開いたまま残していた場合、
そちらのページの内容が、誤った上書き保存による削除の前の状態であれば、
そちらのプレビュー用の頁のデータをコピーして修復することもできます。

ホームページやウェブログサービスのファイルマネージャーやサーバ上にある
画像や動画、HTML、PDF、RSSといった拡張子のファイルを間違えて同名で別のファイルを
送信して上書きしてしまった場合は、パソコン上や外付けHDDに以前に送信した
元のファイルが残っているかどうか、フォルダーを検索して探されてみてください。

フォルダー上のファイルのチェック

特殊なフォルダー上に保存していたファイルであれば、クラウドストレージのサービスにある
ディレクトリ上に、自動でバックアップ分のコピーデータが保存されている場合もあります。

以前はパソコンにあったけれど今はもう削除してしまった、という場合でも、
まだハードディスクドライブやSSD、USBメモリなどの補助記憶装置の中には、
ファイルの痕跡の拡張子が残留している可能性がありますので、
プロのデータ復旧サービスにて、ファイルを検出して修復をしてもらえる見込みもあります。



『「上書き保存を元に戻す」のカテゴリーの前後のページ』

«