Windows Media Playerでデータが開けない時は?

Microsoft(マイクロソフト社)から提供されています、動画や音楽の再生ソフト
「Windows Media Player」(WMP/ウィンドウズメディアプレーヤー)でムービーやBGMのデータを再生しようとしたら、
ファイルが一覧に表示されない、または開けない場合、どのような原因で、どうすれば修復できる?という疑問について。

データの保存に失敗していた場合

最初によくある原因としまして、Windows Media Playerを展開されているお使いの
Windowsのパソコンの筐体に内蔵されたハードディスクまたはSSDのフォルダーの内部に、
開きたい動画や音楽のファイルがまだ保存されていない、というパターンが多いです。

「Media Go」(メディア・ゴー)といった別の管理用ソフトからCDディスクのファイルをダウンロードするのに
失敗していたり、インターネット上で購入したファイルをパソコン上のフォルダーに保存できていない、
または圧縮された拡張子を解凍できていない、というケースがあります。

楽曲のデータがWindows Media Playerの「音楽」と「アーティスト」「アルバム」「ジャンル」の項目の一覧にない時は、
エクスプローラーのウィンドウを開いて、「C:→Users→ユーザー名→ミュージック」の「Media Go」や「iTunes」などの
フォルダーを開いて、対象の音楽または作曲者や制作元の名称のフォルダーがあるかどうかを確かめてみてください。




ファイルを保存していたディレクトリを開く

動画ファイルの場合は、「C:→Users→ユーザー名→ビデオ」と進み、
画像ファイルの場合は、「C:→Users→ユーザー名→ピクチャ」と進んで探します。

なお、タイトルの一覧に表示されている個別のファイルが保存されているディレクトリは、
そのファイルを選択して右クリック⇒「プロパティ」の「場所」の項目に、フォルダーの階層が表示されます。

また、Xperiaといったスマートフォンで聴いていた音楽が、WindowsMediaPlayerでは表示されず開けない場合、
その音楽データはPCとの同期で保存したものではなく、以前にたとえばMacBook AirのiTunes(アイチューンズ)
から購入したBGMのファイルで、ウィンドウズの方のパソコン本体には保存されていなかった、という場合もあります。

ゴミ箱フォルダーから元に戻す

ファイルが保存はされているけれども、ディスクやインターネット上にそのデータの
情報がなく、「不明なアルバム」「トラック1」という名称で表示されることもあります。

他に、いつの間にか間違えてそのムービーやミュージックのファイルを削除していて、ゴミ箱に移行しているケースもあります。

ゴミ箱フォルダーを開いて、対象のファイルがありましたらそちらを選択して、
「元に戻す」の操作で以前のフォルダーに移行し直す形で復旧できます。

拡張子が対応されていない

DVDやブルーレイのディスクに入っている映像データなど、特定の拡張子は、
ウィンドウズメディアプレーヤーでの視聴が対応されていないものもあります。

お使いのファイルが、Windows Media Playerで開けるファイルであるか、ご確認ください。

対応されていないデータは、PowerDVDなど、別のユーティリティーで開かれてみてください。

また、WMPのソフトウェア、もしくはオペレーティングシステムをアップデートまたはアップグレードされると、
不具合が解消されて開ける可能性もあります。

データリカバリーサービスで復旧をしてもらう

完全にファイルが消えてしまっている場合や、破損していて開けない場合は、
市販の音楽ファイルや映像ファイルでしたら再度購入する形で元に戻せます。

ですが、個人で作成していたファイルが消えてしまったり拡張子が壊れてしまい、
何とか復元したい、という際にはプロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、
保存していたHDDやSSD、RAIDなどを提出して、見てもらわれることをおすすめします。