ノートパソコンのハードディスク交換を行う時は?

ノートパソコンやモバイルパソコンが故障してしまう原因は、
持ち運び中の振動や落とした時の衝撃、雨や飲料による水濡れや静電気、パーツの老朽化、
ウイルス障害、システムの損壊など様々な理由があるのですが、
中でもHDD(ハードディスクドライブ)の故障が多い原因の一つです。

そのため、内蔵されているHDDを交換する事でまだ数年は使用できるようになりますし、
また以前のノートPCのHDDの容量は20GBから40GBのものが多かったのに対し、
今では100ギガバイト以上のHDDも安価で購入できますので
以前よりも速く快適に作業ができるようになります。

acer ノートパソコン

実際に換装作業を行う前に、そのノートPCのメーカー保証の期間がまだ残っているかをご確認ください。

期間内であればHDD故障状態の時のみそのまま交換を行ってもらえます。
(他のパーツに異常がある場合はおそらくHD換装は行ってもらえません)

保証期間がとうに過ぎていた場合は自分で交換作業を行うか、自作PCに詳しい
知人にやってもらう、またはパソコン修理サービスにて依頼をするといった方法があります。

ここで注意すべき事として、販売元や購入した店舗の保証対象外となってしまうため
全て自己責任の元で行う必要があります。

自分でハードディスク交換を行う時は、新しいものを買う際にお使いのノートパソコンに
対応されている製品かどうかを事前によくお調べください。





(2.5インチのサイズか3.5インチのサイズ、SATA方式かIDE方式か、など。)

こちらの実例では日本エイサー(Acer)の場合、まずパソコンの裏面を向けて、蓋のネジを外します。

このネジはカバーのすぐ下のハードディスクを固定している螺子でもある場合があります。

蓋を開けたら、ドライブベイにハードディスクドライブが装着されています。

固定シールやグリスを剥がして、コネクタからインターフェースをスライドさせて取り出しします。

ノートパソコンのHD交換

後は新品のハードディスクドライブを換装して、蓋を閉めて、修理作業は完了です。

ケースを開けて取り出しを行う時は、両面テープや隠しネジに固く固定されている
場合もありますのでくれぐれも無理に引き剥がそうとせずに、慎重に行ってください。

古い方のハードディスクにはまだ今まで保存してきたデータファイルやソフトウェアプログラムが
残っていますので可能なようでしたらデータ移行ソフトなどを用いて
外付けHDDへの移送を行ってください。

もしハードディスクが完全に読み込めずに故障しているようでしたら
データ復旧サービスにて取り出し作業を行ってもらうことをお薦めします。



『「ノートパソコン」のカテゴリーの前後のページ』

«

»