各種のサーバーが故障した時にデータ復旧を行うには?

各種のサーバやNAS(ネットワーク・アタッチド・ストレージ)が急に故障してしまい、
内蔵されているハードディスクドライブに保存されたファイルやフォルダーが読み込みできなくなった時に、
HDDのデータの復旧を行うにはどうすればいい?という疑問について。

主なマイクロサーバーのメーカーと製品の一覧

・『HP』(ヒューレット・パッカード):MicroServer マイクロサーバー N54L proliant-500
・『I-O DATA』(アイオーデータ):Windows Storage Server 2003 R2搭載サーバー HDLM2-G1.0WIN
・『BUFFALO』(バッファロー):RAID1対応 Windows Storage Server搭載モデル WS-WV2.0TL/R1
・『Logitec』(ロジテック): Windows Storage Server 2003 R2搭載 LSV-5S8000/4R
・『Synology』(シノロジー):DiskStation DS713+ NASサーバー CS4122 DS713+
・『富士通』(Fujitsu):PRIMERGY TX100 S3 OSレス-250GB×1 PYT10PZD2U
・『サイレックステクノロジー』:Wireless USBデバイスサーバ SX-DS-3000WAN
・『PLANEX』(プラネックス):USBプリントサーバ機能搭載4ポートBBルータ BRL-04UR




サーバーが故障する負荷の原因とは?

まず、サーバやNASは24時間365日のフル稼働で使用することが多いため、
内部に搭載されているハードデイスクドライブなどにも負荷が非常にかかりやすくなります。

システムダウンやレイドコントローラー、またはファイルシステム、コンフィギュレーションの損壊、
起動が突然できなくなる、といった故障にいずれは見舞われてしまいます。

そのため、バックアップや予備で稼動できるためのシステム管理などをこまめに行う必要もあります。

ファイルシステムが破損する問題とは?

サーバのファイルシステムは、FAT16やFAT32・VFAT・NTFS5・ext2hfs・FFS・UFSなどがあります。

これらが深刻なエラーや死すt目うの破損を起こしてしまうと、アクセスができなくなりますので、
日々管理や保管を念入りに行われて、また復元の手順も事前にちぇっくされてみてください。

基本的にパソコンよりも容量が多く、特に企業のように何台~何十台ものサーバを運営させている場合は、
ソフトウェアを用いたデータの復旧では回復できる範囲にも限界があります。

故障やダウンによりファイルが失われてしまった場合は、大手のデータ復旧サービスセンターにご依頼をされることをお薦めします。




サーバからの復旧に対応されているサービス

また、プリントサーバなど自宅で使用するタイプの小さい機器でしたら、
論理障害(システムの操作ミスなど)の場合は修復の費用が比較的安く済みます。

UNIXサーバのエラー障害や故障を防止するには?という疑問については、こちらのページにて。

ネットワークに接続して多数のクライアントコンピューターにデータを共有して提供するための電子演算装置:
サーバにはその用途に応じた様々な種類があります。

主にFTPサーバー、ウェップサーバー、ファイルサーバー、プリントサーバー、データベースサーバー、
アプリケーションサーバー、メールサーバー、DNSサーバと、それぞれ分類されています。

データ復旧サービスセンターでサーバを見てもらう

近年では米マイクロソフトのWindows Server(ウィンドウズサーバ)といった
家庭向けのサーバーOSも登場していますので、誰でも身近にサーバの運用管理が出来る時代になりました。

一方で、故障への対策や修理の申し込みの機会も大分身近な話になってきています。

Adaptec、ware、Compaq、Raidtec、DELL、Promise、Logic、AIDsなど、
サーバーの種類によっても回復方法や料金が若干違うこともありますので、その都度により、
お買い求め先やサポートセンター、データ復元サービス会社などに詳しくご相談をされてみてください。