ノートパソコンのバッテリー切れでデータを損失した時に復旧するには?

ノートブック型のパソコンは、デスクトップ型PCのように電源コンセントから電源コードを差し込んで、
電力を供給させて稼動させるだけでなく、内蔵されている「バッテリー」に充電することで、
コードレスで起動させることもできます。

しかし注意すべきなのが、電源コードがなければそのうちバッテリーの電力が尽きて、
パソコンの起動が維持できず、強制的に電源がオフになって、
まだ補助記憶装置に保存していなかった部分のデータを、損失した状態になってしまうことがあります。

もし、ノートパソコンのバッテリー切れによって一部のデータがなくなった時には、
どのようにすれば復旧することができる?という疑問について。




ノートパソコンの電池の残量を確認する

まず、電池の残量ゲージの表示が底を尽いてバッテリー切れが起こる前に、
それまでの作業で作成したデータをすべて上書き保存して、先にノートパソコンをシャットダウンするか、
電源コンセントとアダプターを付けて電力を供給する必要があります。

たとえば、外出先の宿泊地や乗り物での移動の際に、ノートパソコンを開けて文書を作成したり、
インターネットを閲覧中に書き込んだデータを保存する前に、
うっかりそのまま寝てしまい、起きた時にはコンピューターが止まっていた、というケースもあります。

また、ほかの例としてSONY(ソニー)製のVAIOのノートパソコンで、
バッテリーの残量が低い状態でACアダプターを繋いでも電源が切れる場合については、こちらの解説も参考までに。

そのため、定期的にバッテリーの残量を確認して、またこまめな手動でのデータの保存をしたり、
ソフトウェアやネットのサービスの機能による自動保存をセットをすると、安全性が高まります。

バッテリーが消えてOSと電源が停止して発生する損失とは?

次に、ノートパソコンがバッテリー切れ(電池の残量が0の状態)になる前に、
警告メッセージを自動的に表示させるように設定すると、
データの損失やPCの故障を回避するための、良い防止対策になります。

ですが、うっかり見逃してしまったり電源を付けたまま長時間放置していると、
突然にバッテリー切れによって、オペレーティングシステムと電源が起動停止になってしまいます。

また、ノートパソコンのバッテリーの寿命が来た時に交換して修理する手順については、こちらのページにて。

ノートパソコンに搭載されているメインメモリもリセットされてしまうので、
それまでの書き込み中だったファイルやシステム設定などのデータが、前回の保存の状態まで元に戻ってしまいます。

自動保存機能によってファイルの状態を回復する方法とは?

次に、Microsoft ExcelやWord、ホームページビルダー、ブログサービスなど、
自動保存機能が付属しているアプリケーションソフトウェアやウェブ上のサービスなら、
うまくすれば、ノートパソコンのシャットダウンの直前から回復させて再スタートができます。

例えば、「前回の起動時の構成からの復元」の機能があれば、もう一度ノートパソコンを立ち上げ直すと、
アプリケーションソフトウェア(Application Software)を起動した時に、選択の画面が表示されます。

そして、以前の状態から復元するかどうかを決めて、データを開き直すことができます。

もし、バッテリー切れによる強制終了のはずみで、拡張子自体が破損して正常に展開できなくなった場合は、
プロのデータレスキューサービスにて、復旧の措置を行ってもらうこともできます。




バックアップファイルからデータの復旧を行うには?

また、自動的に「BAKファイル」が作成される機能を搭載しているソフトウェアの場合は、
ファイルの保存先のフォルダーに、「.bak」という拡張子が一緒に作成されています。

あまりない例なのですが、もしパソコンが強制終了した時の影響でファイルが破損して開けなくなった場合は、
このバックアップファイルの拡張子を「.html」などに変更すると、
壊れたメインのデータと同じように開けて復旧することができます。

ですが、メモ帳など多くのアプリケーションソフトウェア(Application Software)では、
上記のようなツールがないため、データファイルの状態を元に戻すのが難しくなります。

そのため、ノートPCでの作業時にはバッテリーの残量にご注意ください。

特に、PCのメインメモリにあった上書き保存をする前のデータは、自動バックアップの機能がなければ、
ファイルに書き込まれたデータの一部はそのまま完全に消えて復旧ができず、損失してしまう場合が多くなります。

ノートPCをデータリカバリーサービスで見てもらう

次に、ノートパソコン(book-size personal computer)の作業中に急なバッテリー切れなどが原因で、
ハードディスクドライブやメモリーカードが故障したら、一般の個人では開き直すのが難しくなります。

その際に、できるだけ確実的により良い方法で、失ったファイルを救出したい、という場合には、
同じく専門で受付が行われています、プロのデータ復旧サービスセンターにて見てもらうことを推奨します。

お電話か電子メール、FAXで問い合わせて、宅配便による郵送か持ち込みにて、
問題の起きたノートパソコンまたはストレージを提出して、修復の作業を行ってもらわれることをおすすめします。