NTLOR(ローダ)が見つからず起動できない状態の直し方は?

パソコンの電源ボタンを押したら、起動はするけどWindowsが開かない、という状態になった時、
真っ黒な画面に白文字で、
NTLOR is missing Press Ctol+Alt+Del to restantと表示される時があります。

この状態は『NTローダ』というWindows NT系のOSを起動するのに必要なブートローダが
ハードディスクの中で見つからずに立ち上げが出来ないこと、すなわちウィンドウズの
オペレーティング・システムを開くためのプログラムが不明な状況に陥っているエラーです。

NTLOR is missing Press Ctol+Alt+Del to restantの文字の意味通りに、
まず最初に試みる直し方として、キーボードのCtol(コントロールキー)と
Alt(オルタネートキー)とDel(デリートキー)の3箇所を同時に押します。

一度パソコンが再起動されまして、次は正常にOSが開けることもあります。

もし上手くWindowsが立ち上がったら、念のために真っ先にHDDに保存された
必要なファイルを全て別の保存の装置にコピーしてバックアップデータを作成されることをお薦めします。




再起動で直らない場合

Ctol+Alt+Delキーでの再起動をしてもOSが開けない時は一度電源を切って、
全てのコンセント・ケーブルを外して暫くマシンを冷ましてから、
再び最低限のコードだけをつなげて電源を起動させます。

それでもNTローダが修復されないようでしたら、Windowsのシステム修復ディスクを
CD/DVDドライブに挿入して、システムの復元といった『回復機能』を起動します。

NTLORなどのOSプログラムを復活させるためのいくつかの回復機能が
使えますので、ヘルプ説明での直し方に沿って使ってみましょう。

それでもなおシステムが立ち上がらない時に回復するには、パソコンのトラブルサポートに
連絡をして、問題についての相談をされてみることを推奨します。