電源スイッチボタンが奥にめり込んで押せない時に元に戻すには?

デスクトップパソコンをはじめとする多くのコンピューター装置は電源を入れて起動するのに、
ボタンを指で奥側に押し込んでスイッチを入れる形のものが多いです。

内側でボタンが引っかかるトラブル

電源ボタンはBIOSの起動やスタンバイモードからの立ち上げのたびに押すため、
購入してから壊れて使わなくなるまでの長期間のうちに
何百回、あるいは何千回とボタンを押していくことになります。

しかしその途中で、稀に内側でボタンが引っかかってめり込んだ状態から戻らなくなってしまい
電源が入らなくなったり、あるいは余計にひどい破損が出てしまうことがあります。

軽い引っかかり程度でしたら指で押し直してみたり、針で隙間を引き出してみて
元に戻る場合もあるのですが、もしもパソコンの外側からではどうしても
スイッチが押し込まれたまま戻せない時はどうすれば元に戻すことができる?という疑問について。




PCケースの内側から押す

まず、デスクトップパソコンの場合は、電源コンセントを抜いてから
『PCケース』(パソコンのカバー)のネジをドライバーで取り外して、
ケースを空けて内側から、スイッチを上手に押し出してみてください。

PCケースをひとまずかぶせ直してもう一度電源ボタンを押してみましょう。

BIOS画面やOSロゴ、デスクトップ画面がちゃんと表示されて正常に動き、
またボタンも異常が無ければ、ひとまずは大丈夫です。

たまに同じ故障の問題が出てしまう場合

しかし、一度電源スイッチボタンが激しくめり込んでしまったら、
また同じ状態がそのうち何度も出てしまう可能性もあります。

また、放置しておくと電源ランプや他の機能にまで異常が出るおそれもあります。

現在のところは問題がなく使用できる様子でしたら、大抵は大丈夫なのですが、
時々パソコンの電源が入らない状態になりましたら、再度見直されてみてください。

配線の状態を見直す

何度も起動ボタンが戻らないことが立て続けに起こるようでしたら、配線がしっかりと
できているかどうかをチェックされてみてください。

断線などが出かかっているようでしたら、その箇所、またはPCケース自体を新品に交換する必要も出てきます。

電源ユニットの方が故障しているようでしたら、そちらを新品に換装する必要があります。

以前に使用していた古いパソコン本体をまだとっておかれていましたら、
そちらの内部パーツを取り外して換装をするか、そちらのパソコンケースにパーツを移し替えて
修理する方法もあります。

パソコン修理サービスで修復をしてもらう

保証期間サポートの期限内でしたら、ご自身で分解をされるよりも
メーカーのカスタマーセンターにお問い合わせして修理を任せた方が良いです。

しかしお急ぎの場合や、保障期間が過ぎていた場合、またノートパソコンや
プリンター、サーバーなど、自分で分解して直すのが難しそうな機器の場合は
専門のパソコン修理サービス店にて注文をされた方がやはり無難です。

先に内蔵のハードディスクにある大事なデータを回収しておきたい、という際には、
プロのデータ復旧サービスの店舗にて、見てもらわれることもおすすめします。