LinuxのOSのインストールができない時の解消方法は?

WindowsやMacに続くOS(オペレーティングシステム)の一種、Linux
(読み方はリナックス・ライナックス・リーヌークスなど様々)は、UNIX派生のOSの一つで、
パソコンにインストールしたりCDにデータを書き込みして使用できることなどが利点です。
Ubuntu(ウブンツ)やKNOPPIX(クノーピクス)など、CD-ROMやDVD-ROMドライブから外部接続して
Wnidowsを開かずにPCの起動ができるLinuxディストリビューションもまた、
障害が起こって開けないパソコンのデータバックアップなどに大変便利です。

しかしながらいざ、実際にネットワークからファイルを保存してインストールしようとした時に、
Virtual PCなどで正常にインストールできなかったり表示が崩れたりしてしまうトラブルも
起こってしまうことがあります。
こういったトラブルはLinuxのOSプログラムに異常があることは少なく、
パソコンの方が対応されていない場合が大多数です。
例えばVirtual PCの場合はLinuxの24bitカラー画面に対応されてなくて起動画面が
おかしくなっったり文字化けが起こる場合があるので、一度アンインストールした後で
16bitカラーに再設定した後に直してインストールし直す必要があります。





Install(読み:インストール)の最中にエラー画面が表示されたり、
最後まで終了しなかった時は、Windowsに使っているパーティションに容量を
全て使用していて新しくOSを加える容量が無くなっている場合もあります。
またはTurbolinux clientなどのドライバーに不具合が発生しているために
インストールが完了できないこともあります。
システムの空き容量が不足しているためか、障害が出ている場合が多いため、
一度マイコンピュータやセーフモードから状態を確認されてみてください。
CDやDVDディスクにOSを書き込む方法でしたら上手く起動できる場合も多いです。