LinuxのOSのインストールができない時の解消方法は?

Ubuntu(ウブンツ)やKNOPPIX(クノーピクス)など、Linux(リナックス)のオペレーティングシステムを、
パソコンにインストールしようとしたら、なぜがセットップができずに動作が進まない場合には、
どのようにすれば問題から解消することができる?という疑問について。

Linuxのインストールが進まない時の原因は?

まず、WindowsやMacに続くOS(オペレーティングシステム)である、
Linux(読み方はリナックス・ライナックス・リーヌークスなど様々)は、
UNIX派生のOSの一つで、パソコンにインストールしたりCDにデータを書き込みして使用できることなどが利点です。

しかしながら、いざネットワークからファイルを保存してインストールしようとした時に、
Virtual PCなどで正常にインストールできなかったり、表示が崩れたりしてしまうトラブルも起こって、
これらの原因でセットアップが進まないことがあります。




パソコンの本体のスペックが満たされているかどうかを確認

次に、こういったトラブルは、Linux Mintといったディストリビューション(distribution)の、
OSのプログラムに異常があることは少なく、パソコンの方が動作環境に対応されていない場合が多いです。

例えば、Virtual PCの場合は、Linuxの24bitカラー画面に対応されてなくて、
起動の画面がおかしくなったり文字化けが起こる場合があります。

一度アンインストールをした後で、16bitカラーに再設定した後にインストールし直すと、
問題から解消できる見込みがあります。

例として、侍エンジニアブログ 様での、【初心者必見】Linuxをインストールする方法〜導入編〜の解説も参考までに。

また、グラフィックソフトや動画の視聴用ソフトを使用される予定の際には、
グラフィックカード(graphics card)や、ある程度以上の容量のメモリを内蔵されている必要があります。




ハードディスクやSSDにインストールする分の空き容量が不足している

次に、Ubuntu(ウブンツ)やKNOPPIX(クノーピクス)など、CDやDVDドライブから外部接続して、
WnidowsやMacを開かずにPCの起動ができる、Linuxディストリビューションは、
障害が起こって開けなくなったパソコンのハードディスクドライブやSSDに残っている、
大事なデータのバックアップに使うこともできます。

しかし、インストール(Install)の最中にエラーの画面が表示されたり、
最後まで終了しなかった時は、WindowsやMacに使っているパーティションに、
ハードディスクやSSDの容量をほとんど使用していて、新しくOSを加えられる空き容量がない場合もあります。

また、データを取り出す時に使うKNOPPIXが起動できない原因については、こちらのページにて。

システムの空き容量が不足しているために、障害が出ている場合が多いため、
WindowsやmacOSでセーフモードがまだ開けるようでしたら、状態を確認されてみてください。

その際には、CDやDVDディスクにOSを書き込む方法で、ブート機能による一時的なOSの起動の方で、
作業を進めていくこともできます。

ですが、BD/DVDドライブの装置自体が故障していたり、
ほかのどこかのパーツが壊れている時は、一旦、それ以上の通電を控えてください。

HDDやSSDに大事なファイルがまだ残っている時は、
専門事業のデータ復旧サービスにパソコンを出して、回収をしてもらうこともできます。




別のパソコン本体でリナックス系のOSの起動を試してみる

次に、2台以上のパソコンの本体をお持ちでしたら、性能が高い方のマシンに、
LinuxのUbuntuといったオペレーティングシステムをインストールされることもおすすめします。

特にDVDブートで起動される際には、パソコンへ直接インストール・セットアップをするよりも、
動作の処理速度がだいぶ遅くなりがちなため、パーツのスペックが高いPCの方が向いています。

また、Turbolinux clientなどのドライバーに不具合が発生しているために、
インストールが完了できないこともあります。

パソコン修理サービスでトラブルから修復してもらう

もし、どうしても正常にLinuxのオペレーティングシステムが展開できない時は、
パソコンのハードディスクやSSD、またはマザーボードや電源ユニット、メモリといった、
どれかのパーツが外れかかっていたり、故障していることが原因であるケースもあります。

アクセスランプやビープ音を確認して、PC本体が壊れていると思われる場合には、
プロのパソコン修理サービスにて、パーツの交換などによる修復をしてもらわれることをおすすめします。