作成したウェブページがネットで表示できない原因とは?

インターネットにはホームページやウェブログ・掲示板・検索エンジン・リンク集
といった様々なウェブページがあります。

その多くはHTMLソースで構成されたプログラムファイルをファイルマネージャに
アップロードすることでネットワーク上に表示・閲覧することができます。

しかしレンタルサーバー元(ホスティングサービス)のスペースに
送信する手順やHTMLの文法が少し違うだけでも、正常に表示できなくなることが
ありますので、できる限り正確にテキストの作成を行う必要もあります。

HTMLソースの文章構成

まず、通常のホームページやブログのテンプレートは、以下のような形で構成されています。

HTML(HyperText Markup Language)のソース
<html>
<head>~</head>(メタタグ領域)
<body>~</body>(本文・表示コンテンツの領域)
</html>

ページ自体はアップロード出来ているけど表示が真っ白になっていたり
デザインや文字が変な形で表示されている場合は、
HTMLソースのタグかCSSのテキストを書き間違えている可能性が高いです。

少し面倒ですが文章の隅から隅まで、一度修正チェックを行ってみましょう。

更に別に、CSS(Cascading Style Sheets-カスケーディング・スタイルシート)の
テキストファイルを作ることでデザインや色・背景などをカスタマイズできます。

しかしサーバーのディレクトリのスペースにアップロードした後で
ページ自体が表示できず、『HTTP 404 未検出 ページが見つかりません

といった白地と文字のみの画面が出てしまう時は、URLアドレスの文字が
間違っているか、アップロードができていない可能性があります。

URLが正しいかどうか、またファイルマネージャに作成したページが
送信できているかどうかを確認されてみてください。

ホームページの点検

ホームページやウェブログなどのサイトを運営・管理していく上で重要なのは、
直接目で見るテキストコンテンツや画像だけではありません。

ページを構成するHTMLソースのタグ記述や、
CSS(スタールシート)による見せ方などの正しい設定も必要です。

少し書き方を間違えただけでも一部分が表示されなくなったり、文字色や画像の大きさ、
空きスペースの間隔といったデザインがおかしくなり、訪問ユーザーの方がページを見づらくなってしまいます。

ある程度サイトの規模が大きくなってきたら時々、
HTMLやCSSのソースのタグに書き間違いが無いか点検していくことも大切です。

特に、ウェブサイト全体のシステムを構成するphpファイルの表記ミスがあると、
すべてのぺージが正常に閲覧できなくなることがあるため、ご注意ください。

また、サーバー元のサービスが一時的にメンテナンス中で開けなかったり、
もしくはサービスが停止・故障・終了されている、というケースもあります。

他にウェブブラウザ(IEの古いバージョンやスマートフォンなど)によっては閲覧ができない
ページもありますので、Microsoft Edge、Google Chrome、Safariといった
別のウェブブラウザもなるべく使ってみることもおすすめします。