パソコンの電源ボタンがオレンジ色に点灯している時に修理するには?

デスクトップパソコンやノートパソコンを起動しようとしたら、電源ボタンまたは電源ランプが
オレンジ色に光っていて正常に立ち上がらない場合の原因にはどういったものがあり、
また修理をするには、どのような方法がある?という疑問について。

アクセスランプの点灯の状態を確認する

まず、アクセスランプの色は、各メーカーごとのコンピューターの設定によって、
どの問題が起きた時に何色に点灯・点滅するかが異なる場合があります。

製品を購入した時に付属されている取扱説明書、またはヘルプ、メーカーのホームページなどで
問題の事例に当てはまる原因と修理の方法を確認します。

NEC VALUESTARのパソコンの場合

一つの例としまして、NEC(日本電気)のVALUESTAR(バリュースター)のパソコン本体で
ディスプレイを使用している際に、電源を入れても画面が真っ黒になり、
そこで2、3回コードなどをすべて付け直してスイッチを入れたら、やはり電源は付くものの、

結局どうやっても真っ黒のままで、なお電源ボタンはオレンジ色に点灯している場合、
何が原因でどうしたら修理できる?というご質問について。

ボタンがオレンジ色に光っている時、通常はスタンバイモード(待機状態)ですが、
お使いのNEC VALUESTARのパソコンを購入してから大分時間が過ぎている場合、
マザーボードやグラフィックボードなどの基盤が故障している可能性が高いです。

モニターが正常にPCに認識されていない、というケースも考えられます。

別のPC本体を使ってみる

別のパソコン本体、または液晶モニターをお持ちでしたら、試しにそちらでも画面が映るか
付け替えてみると、パソコンとディスプレイのどちらに異常があるかが判別できます。

なお、NECのバリュースターのパソコンで電源ボタンが白色の点滅になる場合は、
ハードディスクドライブの故障が多くの原因で、もしカリカリと普段と違う音が鳴っている場合は要注意です。

BIOS画面まで映ってそこから先が真っ黒なままでしたら、HDDの交換修理が必要になるかもしれません。

電源ボタンを押して完全に何の表示もされない場合は別のパーツが破損している可能性も考えられます。

Dell製パソコンの場合

Dell(デル)のパソコンで電源のランプがオレンジ色に点滅する場合は、
電源ユニットが故障しているか正常にマザーボードやHDDに接続されていないおそれがあります。

PCケースの蓋を開けて、電源ケーブルやピンコネクタがハードディスクのインターフェースや
基盤の差込口、DVDドライブなどの各装置に、部品交換の際の配線ミスなどで
誤って差し込みされていないかどうかご確認ください。

また、冷却ファンにホコリが溜まっていて排熱効果が下がっているようでしたら、
綿棒やピンセットを使って金網とその周囲のごみをきれいに取り除きます。

パーツの配線に問題がなさそうでしたら、すべての接続ケーブルをパソコンから取り外して、
電源ユニット(ノートパソコンの場合はバッテリー)を取り外して、しばらく置いてから
もう一度繋げ直して起動してみます。

壊れた部品を交換してもらう

電源ユニットから変な音が出ていたり、バッテリーが融解もしくは焼き焦げていたり
膨張していたら、それ以上は使用されずに、新しいパーツと交換する形で修理してください。

パーツの換装や内部の掃除を自身で行うのにあまり気が進まない、という際は、
メーカー先のカスタマーサポート、またはプロのパソコン修理サービスセンターに注文して、
電源装置などの換装といった修理作業を代行してもらわれることもおすすめします。

ハードディスクドライブから先に必要なデータをとりだししておきたい、という際には、
修理の前にデータ復旧センターに問い合わせて、見てもらわれることもおすすめします。