故障したPCの機器を交換する前にデータ復元を行うには?

パソコンのどこかのパーツ、またはハードディスクや重要な周辺機器が故障してしまい、
同じパーツの交換や新製品への買い替えをする際、換装をする前にファイルのバックアップや
データ復旧による保護を行うにはどのように対処をすればいい?という疑問について。

データを失う物理障害・論理障害とは?

まず、パソコンやデータ保存機器で起こる障害の種類によって、
対処方法と機材の使い分けが変わります。

「物理障害」とは、たとえばパソコンを床下に落としたりぶつけて
データのストレージを壊してしまったり、落雷や水害の 影響でショートした時など、
物理的なデータ破損のケースを指します。

パーツやコネクタが物理的に破損すると、機器が動かせなくなったり
ケーブルでの入出力ができなくなって、読み込みできなくなることが多いです。

「論理障害」とは、誤ってファイルを上書きしてしまったり、間違えて削除した時や、
再フォーマット、再セットアップでパーティション内の保存データが、
PC操作の画面で消えてしまった時などのケースを指します。

多くの場合はまだデータの痕跡が残留しているので、すぐに専門的なファイル復元の作業を、
データリカバリーサービスで施してもらうことで、高い確率で元に戻すことができます。




ファイルが消えた後での新しいデータの書き込みの注意

次に、パソコンをオペレーティングシステムの初期化をして、
すでに消してしまった拡張子も、それ以上ハードディスクやSSDへの新しいファイルの、
上書き保存を繰り返さなければ、まだある程度の削除したデータを修復できる見込みがあります。

ですが、すでにOSのインストールやデータの書き込みを繰り返していた時は、
無理に自身で復元しようとすると、かえって破損を進行させる可能性が高いため、
専門のデータ救出のサービスで、相談をされてみることを推奨します。




メモリーカードからのデータの復元

また、パソコンのHDDやSSD以外のデータ保存機器、たとえばデジタルカメラで、
SDメモリーカードからの写真画像のファイルを失った場合も、まだ救出ができる可能性があります。

パソコンから読み込める環境があれば、まだ市販のデータ復元ソフトウェアを使って、
カードリーダーから接続してドライブスキャンを掛けて、復旧できる見込みがあります。

しかし、こちらも新しく撮影した写真をSDカードに保存していた時は、
より確実には、やはりプロのデータリカバリーサービスでの注文がおすすめです。




外付けHDDやRAIDケースにバックアップを保存

次に、RAID1やRAID5といった冗長化されたストレージに、重要なファイルを保管しておけば、
物理的なハードディスクの故障に対しては、大変強く安全性は大幅に高まります。

しかし、誤ったファイルの消去やボリュームの削除によるミス、有害ファームウェアの感染、
また災害などによるハードウェアの破損や紛失には弱い点もあります。

念のため、別のロジテック(Logitec)といった店舗で販売されています、
外付けHDDやRAIDケース、NAS、クラウドサービスなどにも
バックアップデータをもう一つ作成して、パソコンの故障で交換や買い替えをする際に
いつでもリカバリーをできるようにすることをおすすめします。

また例として、生活110番 様での、
パソコンが故障!データだけは取り出したい…その方法を教えます! の解説も参考までに。

RAID1やRAID5、LinkStation、TeraStation、LANDISKなどのNASが急に壊れた時、
保存したデータを戻すには、内蔵のハードディスクドライブが故障していなければ、
別の正常に動く、外付けHDDケースのカートリッジやパソコン本体の空いたドライブベイに
一時的にHDDを交換・増設して、パソコンで再度読み込めば再び開き直せる可能性があります。

破損したストレージをデータ復旧サービスで検査してもらう

ですが、NASなどの多くの製品は、ファイルシステムの種類がWindowsやmacOSとは
異なるため、通常の機能のままでは読み込みができない状態です。

もしRAIDのハードディスクが片方故障していたら、新しいHDDに入れ替えて
自動リビルド機能で、もう片方の無事なハードディスクボリュームのデータをコピーします。

RAIDやNASのハードディスクがすべて破損したり、一台のみの場合で故障した時は、
データ復旧サービスに出して、中身のファイルを救出してもらわれることをおすすめします。