PDFファイルが破損した時にデータを修復するには?

PDF(Portable Document Format)のファイルを、新しく作成して保存したものを展開したり、
配布先からパソコンや外付けHDD、NAS、RAIDケースなどに保存したり、
自分でアップロードしたデータを読み込んで開こうとすると たまに、

Adobe readerで~を開けませんでした。ファイルの種類がサポートされていないかまたはファイルが破損している可能性があります。

といった、エラーメッセージの表示が出てしまうこともあります。

この場合には、どうすればデータを修復することができる?という疑問について。

ソフトウェアのエラーやバグで文書が開けなくなる原因とは?

まず、破損や読み込みエラーの原因は、ウェブスペース上のファイルマネージャーに、
FTPソフトなどのファイル・トランスファー・プロトコルの機能でアップロードされた時に、
PDFファイルの拡張子が破損して送信されているケースが、まず一つ。

次に、Adobe Readerで頻繁に行われているアップデートの影響で、
プログラムにバグが出てしまっている可能性などが考えられます。

他にも、コンピューターウイルスの感染や、
文書作成側の編集ミスといった不具合の可能性も考えられます。

個人で作成したPDF(ポータブル・ドキュメント・フォーマット)のファイルの拡張子で、
複雑な破損が発生して、バックアップファイルもない、という場合には、
よくわからずに拡張子を書き換えると、かえって余計に壊れるおそれがあります。

そのため、専門のデータ復旧サービスに出して、修復をしてもらう方法が最も安全です。




「ファイルが破損している可能性があります」と出たら?

次に、Adobeから販売されている、
市販のソフトウェアのAdobe Acrobat(アドビアクロバット)などでは、
PDFファイルの作成や編集をすることもできるのですが、

「ファイルの種類がサポートされていないか、またはファイルが破損している可能性があります」

と表示されたり、ソフトのエラーで開けなくなったりして、データが正常に読み込めないケースもあります。

読み込みエラーの修正の対処法としまして、まずは別のホームページに、
同じPDFファイルがある場合は、そちらからアップロードをされてみてください。

また、自身で作成されたテキストのデータに破損が見られる時は、
Adobe Acrobat、記入・編集の間違いがないかどうかを見直してみましょう。

文章の破損の具合によっては、文字化けの修復ツールも試されてみてください。

また、「ファイルが壊れています。」のPDFエラーから修復するには?という疑問については、こちらのページにて。

ほかに、エクセルやワード、パワーポイントで作成したPDFファイルが、
本来想定していたファイルの大きさと違っていた場合には、
元の編集用の拡張子がありましたら、そちらを見本にして作り直しをするのも、解決策の一つです。

ファイルの種類がサポートされていない時は?

次に、コンピューターの電子上で読むためのAbobe式のテキスト文章である、
PDF(Portable Document Format)のファイルは、多くのソフトウェアで開くことができるのですが、
「.pdf」の拡張子をサポートされていないユーティリティーも多いです。

その際には、店頭やインターネットのホームページからソフトウェアを購入して開くか、
Adobe Acrobat Reader(アドビのアクロバット・リーダー)で読み込んで、購読ができます。

PDFの拡張子が破損した時に修復をするには?

次に、PDFのファイルをインターネット上で送信するのに失敗してしまったり、
ネットワーク上に転送したファイルがなぜか開けない、という場合に修復をする方法について。

まず、対象のPDFのページ数が数百~千以上と、かなり拡張子のサイズが重い場合は、
ウェブブラウザですぐには開けないことがあります。

また、転送に失敗して、対象のPDFなどのファイルが破損していた場合も同様です。

その際には文章や画像、ページ数を減らしたり、ファイルを複数に分けて保存してから再度の転送をしたり、
違うFTPソフトウェアを使うなど、別の方法でのアップロードを試してみてください。

またネット上で、何かのコンテンツであるPDFファイルの拡張子自体は入手できるけれど、
なぜか破損していたり、一度開けたデータが後に壊れてしまった場合は、
専用のプログラムの復元ツールで検出して、損壊した拡張子の修復をされてみてください。

ほかにもインターネット上には、たとえばiLovePDF 様の運営されている、
PDFファイル修復のツールといった復元機能のサービスもあります。

あるいは、PDFファイルを誤って削除したり、フォーマットして消去してしまった、という場合は、
ファイナルデータ』や『データ復旧R for NTFS β』『復旧天使』などのソフトウェアで直す方法もあります。

失ったファイルをデータ復旧サービスで復元してもらう

しかし、電子文書のテキストのファイルを削除してから長時間経っていたり、HDDが壊れている時には、
一般の個人では専門の機材やシステムの有無などで、直せない場合も多いです。

中身が非常に大事な内容の文章で、出来る限り確実的に破損を直したい、という場合には、
プロのデータリカバリーサービスにて、PDFファイルの復元の措置や、
コンピューター上での読み込みの修復の作業を行ってもらわれることをお薦めします。