「ファイルが壊れています。」のPDFエラーから修復するには?

Adobe Reader(アドビ・リーダー)やAdobe Acrobat(アドビ・アクロバット)のソフトウェアで
PDF(Portable Document Format)の文書ファイルフォーマットを開いて閲覧しようとした時に、 

この文章を開くときにエラーが発生しました。ファイルが壊れています。修復できませんでした。
というエラーメッセージが表示されてしまう場合について。

まず、その時にフォルダーに保存したPDFファイル、もしくはインターネット上に
アップロードされていてそのまま保存をせずに開いた場合で、それとは別の、
すでにマイコンピュータのフォルダにある
PDF文書か、もしくは別のページのものを一度開いてみてください。

今まで開けていたPDFファイルがエラーもなく無事に開けた場合、
新しくファイルを保存して開こうとしてエラーが発生した方のPDFファイルは、
今パソコンにインストールしているAdobe Reader/Acrobatよりも
新しいバージョンのAdobe Acrobatで作成されたものである可能性が高いです。





そのため、4.0や5.0、6.0とユーティリティーが古いバージョンのままだった時は
最新のソフトウェアで作られた原稿のプログラムに対応されずに、
「この文章を開くときにエラーが発生しました。ファイルが壊れています。修復できませんでした。」
の警告メッセージが出てしまうケースもあります。

『AdobeReader X』 『Adobe Acrobat X』と、アドビ・リーダーを新しいバージョンに
アップグレードされてみて下さい。
これで多くの場合は正常に中身のコンテンツを閲覧できるようになります。

ただし、閲覧しようとしたPDFファイルだけが拡張子やプログラム的に壊れている可能性もあります。

その場合はそのPDF文書を提供している製作元に尋ねてみて、正常に開ける状態に
修復してもらえるよう、電子メールか掲示板、電話、FAXなどの通信でお問い合わせをしてみましょう。

過去に自分でAdobe Acrobatで作成したPDFファイルが壊れてしまった場合は、
まずはAcrobatの各種機能で何とか開けないか試してみて、それでも無理だった時は
Adobe Systemまたは専門のデータ復元サービスセンターに問い合わせされてみてください。



『「ファイルの破損・エラー」のカテゴリーの前後のページ』

«

»