Windowsで初期化したポータブルHDDのファイルを復元

ポータブル・ハードディスクをWindows(ウィンドウズ)のパソコンにUSB接続して
データファイルを開くなどして操作している際に、間違えてクイックフォーマットなどの
措置を実行してしまい初期化してすべてのファイルを削除してしまった時は、
どのようにすれば復元することができる?という疑問について。

ディスクの初期化

ウィンドウズの機能によるデータの消去

まず、エクスプローラーの画面などの右クリック→「フォーマット」(format)
などでの操作で初期化を行った場合、消えたファイルはゴミ箱のフォルダーには
移動せずに、そのままポータブルHDDなどの機器のデータは消去される仕様となります。

また同様に、Windowsのコントロールパネル→システムとセキュリティ→管理ツール
→コンピューターの管理→「ディスクの管理」の機能でボリュームを削除したり、
記憶域プールの機能での設定変更やRAIDのディスクアレイの再構成などで
ポータブルHDDの初期化をした場合も、ゴミ箱にデータは移行せずにそのまま削除されます。

そのため、通常の削除の操作と比べて、ポータブルHDDからのファイルの復元が
誤った初期化の作業の後の場合はやや難しくなるのでご注意ください。

基本的には、専門業者のデータリカバリーサービスに問い合わせて、
すぐに診断を受けてもらわれるのが最も確実です。




バックアップの分の確認

Windowsパソコン上のローカルディスク(C:)や(D:)といった
ハードディスクまたはSSD上に、同じデータがまだ予備として残っているかどうかを
確認されてみてください。

また、ネットワーク上のクラウドストレージのサービスや、
自宅・自社内でNAS、ファイルサーバを運用されている場合は、
そちらに予備の保管データが残っているかどうかも確認されてみてください。

バックアップのデータが見つか那なかった場合には、一般個人では
「ファイナルデータ」「完全復元プロ」「Superファイル復活」といった、
Windowsパソコンに対応されていますデータ復元ソフトを用いて、
削除したファイルの回復を試みる方法もあります。

ポータブルHDDから消去したファイルには、まだ拡張子の痕跡データが
高い割合で、エクスプローラーなどのウィンドウでは表示されない部分の
セクタ上に残っているため、そこからサルベージを行って読み取れるようにします。

フォーマットを掛けた後で別のファイルを上書きすると、ポータブルハードディスクに
まだ残っている拡張子の痕跡データが上書きされて徐々に消えてしまうため、
ひとまずそれ以上のファイルの保存は控えられるようにご注意ください。

たとえばWindowsのパソコンで使う「ファイナルデータ」では、起動画面を開いてから
「ファイルの復元」→「フォーマットをした場合」(または「高度な復元」)と進んで、
ボリュームの一覧から、初期化したポータブルHDDの名称を選択して、
「検索」と進むと、ドライブのスキャンに移ります。

フォーマットしたファイルの復元

ハードディスクドライブは最大容量が高いデータ記憶媒体であるため、
検出の作業にはある程度の時間がかかります。

必要なデータが検出できましたら、そちらを別のHDDなどの記憶装置に
保存して、ファイルの復旧作業は完了です。

ですが、ポータブルハードディスクに膨大な数のファイルを保存していた場合には、
初期化の措置で消えたファイルをすべて復元するのは、特に一般個人では難しくなります。

より確実には、やはりプロのデータ復旧サービスセンターにて、
ポータブルHDDを提出して見てもらわれることをおすすめします。



『「初期化・フォーマット後」のカテゴリーの前後のページ』

«