誤ってフォーマットしたUSBデバイスのデータを復元するには?

USBメモリーや外付けハードディスク、USBカードリーダー/ライターに接続した
SDメモリーカードやコンパクトフラッシュ、xDピクチャーカード、外付けDVDドライブといった、
USBデバイスのデータ記憶装置を、パソコン上などの操作で誤ってフォーマットを実行して、
保存されていたデータがすべて消えてしまったら、どうすれば復元できる?という疑問について。

USBデバイス

まず、誤ったフォーマット(format)が実行された後でも、
まだWindowsのエクスプローラーやmacOSのFinder(マイファイル)上の画面での
表示上はファイルが消えているだけで、実際のデータはまだすぐに削除されるわけではありません。

まだ拡張子の痕跡データは、多くの場合でデータ記憶装置に残っています。

しかし初期化された後でそれ以上新しいファイルをUSBデバイスに上書き保存されると、
次第に以前の痕跡のデータが上書きされていく形で消えていきますので
新しくファイルを保存されないようにご注意ください。




モバイル端末のSDメモリーカードの場合

タブレット・コンピューターやスマートフォンといったモバイル端末に差し込みして
使用しているmicroSDメモリーカードを、USBカードリーダーに接続してデータを読み込みしている時に
誤ってフォーマットをして大事なデータが大量に消えてしまった、という場合は、

まず、クラウドストレージのサービスに事前に登録されていましたら、
クラウドサービスの管理ページにアクセスして、ログインします。

そして、必要なデータがディレクトリ上に保存されていましたら、そちらのバックアップから
引き出してパソコンかモバイル端末に保存する形で、復元を行うこともできます。

また、モバイル端末本体の内蔵フラッシュメモリにも同じ写真画像データなどが
残っていましたら、そちらからバックアップして復旧できることもあります。

外付けハードディスクを間違えて丸ごと初期化してしまった場合は、
そのHDDをパソコン上で事前に、バックアップ機能で一部のデータを別の場所に
保存されていましたら、そちらからサルベージをする形で失ったファイルを復旧します。

データ復元ソフトの使用

バックアップデータがなかった場合でも、まだ市販のデータ復元ソフトを使用して、
痕跡データを読み込みしてサルベージを試みる方法があります。

誤ったフォーマットの操作で多くのファイルが消えた時は、
パソコンでゴミ箱から削除した時に試用する機能よりも、「ファイナルデータ」といった
ソフトウェアに搭載されています、「フォーマットをした場合」の専用の機能がより正確です。

データのスキャン中

ドライブスキャンには、データ記憶装置の最大容量が大きな製品では少し時間がかかります。

スキャン作業が完了して、検出された拡張子の一覧が表示されましたら、
そちらから必要な拡張子の種類やファイル名を選択して、パソコン上などのフォルダーに保存します。

データの検出

そして、それらのファイルが正常に開ければ、USBデバイスからのデータ復元の作業に成功です。

しかし、一般個人で行うデータ復旧の作業では、誤ったフォーマットのミスで失った
ファイルのうちの多くが検出できなかったり、破損した状態で修復されることも多いです。

より確実に、できるだけ多くのファイルを正確に修復したい、という際には、
プロのデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、USBデバイスを提出して、
診断とファイルの検出作業を行ってもらわれることをおすすめします。



『「初期化・フォーマット後」のカテゴリーの前後のページ』

«