RAIDでパソコンのデータを安全に管理する方法とは?

パソコンには通常一台につき一基のハードディスクドライブが搭載されています。
HDDは最も故障を起こしやすい精密機器であり、過熱や老朽化に弱く、また
一度破損してしまうと修理するのがほぼ不可能である事から、内部に
保管していたデータやシステムの損失トラブルがしばし起こってしまいます。

特に企業・法人で使用しているPCやHDDのデータ管理は極めて重要であるため、これらの
破損トラブルを回避するためにRAIDという方式の技術・装置が多くの企業で導入されています。

RAID(レイド-Redundant Arrays of Inexpensive Disks)は複数のHDDを
一つのハードディスク装置のように組み合わせて接続運用し、そのうちの
一台、二台がヘッド吸着や熱暴走などで突然壊れても他のHDDにより
データファイルやアプリケーションが継続して使用できるようにする技術です。

別名でデュアル・ディスク・ドライブ(dual disk drive)、
ディスク・アレイ(disk array)とも呼ばれている、HDDの集合体です。

企業向けパソコンやサーバー、ワークステーションといった
ディストリビューテッド・コンピューティング(distributed computing)という、ネットワークに
接続して分散処理を行う機器など、様々なコンピューター機器に使用されています。




HD一台あたりのリスクが下がり、データを共有して管理できるため故障時の安全性に強く、
また処理速度の高速化などシステム面の性能においても向上するなど様々なメリットがあります。

RAIDの形式や設定方法によりハードウェア式とソフトウェア式、また組み合わせ方により
0,1,2,3,4,5,6,10といった種類に分けられます。

近年ではパソコンの需要が高まりIT産業が盛んになったため
一般のユーザーにも低価格化などで徐々に普及が始まっています。

RAIDは物理的な障害には大変頼もしいものの、その反面で誤ったファイル一括削除や
コンピューターウイルスの感染トラブルなど
論理(システム)的な障害には通常のPCと対応が効かないという点もあります。

そのため貴重なデータは必ずこまめなバックアップによる保管と併用して運営していくのが望ましいです。