RAID(レイド)のトラブル障害を修復するには?

HDDの物理障害対策や容量の大規模化に非常に有効とされるRAIDシステム
[Redundant Arrays of Inexpensive Disks](読み:レイド)。

RAIDにはRAID0・RAID1/RAID0+1・RAID1+0(10)RAID5・また2.3.4.6など
ディスクアレイ構成の組み合わせ方やHDの数によって種別や性能さ、用途も変わってくるため、
同じRAID装置でも障害への耐久性には個別差があります。

HDが複数ある通り、ヘッドクラッシュなどの物理的故障には強いのですが、一度に内部二台以上の
ドライブが故障したり、またコンピューターウイルス感染やアクセスエラー、ファイル構造の損壊など
論理的(システム的)な障害に対しては普通のパソコンと大して変わりない、という難点もあります。

マイコンピュータにリムーバブルディスクのアイコンが表示されない時は
まずデバイスマネージャーの画面を開き、「不明なデバイス」や「!・?・×」などの
おかしな項目がないか確認されてみてください。




一時的なエラーかもしれないのでもう一度起動し直したら元に戻る、
という場合もありますが 何度起動しても直らないようでしたらデバイスの
デバイスマネージャの正常でない項目を一度削除して、再接続を試みてください。

コンピューターウイルスやスパイウェア、トロイの木馬など有害ファームウェアに
感染してしまったら、ウイルスバスターやノートンアンチウイルスをはじめ
有料かつ性能の優れたセキュリティ対策ソフトのアプリケーションを使用し、
パソコンを通してRAID内を全検索して隔離・駆除を行う必要があります。

論理障害の重度によっては初期化しなければ直らないこともあります。

HDDが物理的に壊れてしまったら、故障した台だけ取り替えて新品にすぐに交換してください。

放っておくと他のHDDがまた壊れた時にRAID全体の構成が破損してしまうこともあります。

複数の台が故障してデータが読み込めなくなった時は
データ復旧センターに見てもらうことで、無事なHDDから取り出してもらうことができます。

しかし一度壊れたハードディスクは大抵修理が効かず、一時的に直った場合でも
長持ちしないことも多いためすぐに全データを別の記憶媒体にバックアップをして、
新品のHDに交換されることを推奨します。

自身で換装やバックアップをするのに慣れていない場合でしたら、
専門のパソコン修理出張サービスなどに来ていただくのも確実かつお薦めな方法です。