RAM Disk(ラムディスク)のメモリのデータを復旧するには?

パソコンをはじめとするコンピューター上で設定したRAM Disk(ラムディスク)に保存されていた、
大事なデータを失った場合には、どのようにすればランダムアクセスメモリーから、
ファイルを復旧することができる?という疑問について。

書き込みしたファイルを削除した時に復元するには?

まず、ハードウェア方式のRAMディスクやDVD-RAMに書き込んでいたデータを、
間違えて一括での削除の操作やフォーマット(初期化)のミスで消去してしまった場合について。

ひとまず、市販のデータ復元ソフトウェアを使って、スキャンをしてみる方法があります。

パソコンのオペレーティングシステムから、通常のハードディスクドライブやSSDと同じように、
ストレージが表示されていれば、拡張子の検出の対象になる見込みがあります。

(データ復元ソフトによって、どこまでがスキャンの対象になるかどうかは異なります。)

なるべく確実に、ストレージから失ったファイルを復元したい、という際には、
パソコンをそれ以上は稼働させずに、プロのデータ復旧サービスに見てもらわれることをおすすめします。




RAMディスクのコンピューター上での区分とは?

次に、半導体メモリのハードウェアの装置といったRAM DISK(Random Access Memory)やDVD-RAMは、
通常の外部のデータ記憶装置(リムーバブルディスク)として、OSのデバイスに認識されます。

そのため、他の補助記憶装置と同じように使用できます。

ですが、メイン・メモリの一部を仮想化して使うソフトウェア方式は、
物理的に存在してない仮想ディスクという区分に該当します。

また、キャッシュメモリに不具合の問題が発生した時に修復するには?という疑問については、こちらのページにて。

失ったデータを後からリカバリーすることはできる?

たとえば、メモリディスクをはじめ、物理的に存在していて、
パソコンのOSからデバイスマネージャーで認識できる補助記憶装置であれば、
大抵はPC用のファイルの復旧のアプリケーションソフトウェア(Application Software)で、
一定の割合で、消えたデータのスキャンと検出をしてリカバリーをすることができます。

ですが、ソフトウェア方式であるRAM Diskの場合、仮想のメモリとなります。

そのため、急にPCの電源が切れたり、フリーズやアプリケーションエラーの影響で、
一時的なデータが飛んでしまうと、RAM Diskは市販のデータ復元ソフトでスキャンができる対象ではないため、
サルベージが非常に困難な状態になるおそれもあります。

メインメモリの負荷を軽減する機能とは?

次に、RAM Disk(ラムディスク)とは、メモリや外付けのRAMをデータ記憶装置として活用する技術で、
Randam Access Memory Disk(ランダムアクセスメモリーディスク)の略称です。

外付けの半導体メモリをディスク装置として取り扱う、RAMドライブといったハードウェア方式と、
メインメモリを一部、ソフトウェア機能を用いてディスクとして扱う手法や、
高速バッファメモリとして扱う方法である、ソフトウェア方式の二種類があります。

また、DVD-RAM(ディーブイディー・ラム)は、データ記憶装置の製品の規格です。

ほか、たとえばWindowsのパソコン用のRAMディスクの作成には、
SoftPerfect RAM Disk(ソフト・パーフェクト・ラムディスク)などのユーティリティーも便利です。

ストレージから失ったデータを専門のサービスで復旧してもらう

基本的に、RAM Disk(仮想のラムディスクの機能)は、あくまで補助として使って、
重要なファイルは、外付けHDDやRAIDケースなどの二次記憶装置に保管された方が良いでしょう。

一般の個人では、データをリカバリーするのが難しい場合も多いです。

代わりのバックアップがなくて、復元の措置も自力で不可能な状態になってしまわれた時には、
プロのデータ復旧サービスセンターのスタッフにご相談をされてみることを推奨します。