Windowsが勝手に再起動する原因の解消方法とは?

Windows7や8/8.1、10、またVista、XP、2000、98 OSのパソコンを動かしている最中、
急にソフトウェアが動かなくなって自動的にシャットダウンして起動が終了してしまい、
その後勝手に再起動するトラブルがよく起こる場合について。
まずOSが勝手に再起動してしまう主な原因の一つで、何も問題のない理由で
再起動というリアクションをパソコンが取られている場合があります。
Windowsの自動更新プログラムのインストールやウイルス対策ソフトウェアの
新規アップデートが行われた後、PCの最適化を行うために再起動が行われることがあります。
大抵は事前に「再起動しますか? はい/いいえ」というメッセージが表示されるのですが、
稀に何かの設定ミスやプログラムのエラーでそのまま勝手に再起動されてしまうこともあります。
またWindows2000やWindows98/95など大分前の古いOSである場合、
最近のアプリケーションソフトウェアやインターネットの性能や容量の処理能力が追いつかずに
エラーなどの支障をきたしてしまい、それが間接的な原因で起こる可能性もあります。





他、ごく稀に、再起動を繰り返す有害なプログラムが組み込まれた
コンピューターウイルスに感染している、という場合も考えられます。
ですが一番多い原因はやはり新しくインストールしてセットアップした
アプリケーションソフトウェアの機能に問題が発生しているパターンが多いです。
ユーティリティのプログラムはWindows XP/Vista/7に入れた数が多いほど
ハードディスクの容量を使い、レジストリの肥大化も進行します。
また、メモリやCPUの使用量もその分上がりやすく、性能が低い一昔前のパソコンでは、
対処しきれず勝手に再起動や強制シャットダウンのトラブルを引き起こしてしまう場合があります。
ひとまずはコントロールパネルの「プログラムの機能」の画面で、使っていないソフトを
アンインストールしたり、アクセサリのディスクデフラグや
ディスククリーンアップをかけてHDDを整理していきましょう。

また、常駐ソフトの数も減らしてCPUやメモリの使用量も軽くしていきます。
それらを一通り試してみても改善されない時は、もうすでにWindowsの
システムファイルに深刻な問題が起きていて簡単には直せない可能性があります。
プロのパソコントラブルサポート店で問題を見てもらい、ファイルシステムを修復してもらう方法や
OSをクリーンインストールしてもらう方法、または破損したりスペックの低い部品を交換して
修理してもらうことでほとんどの場合で再起動の繰り返しを直してもらえます。