レジストリのリストアでWindowsを起動する方法とは?

Windows」(ウィンドウズ)のオペレーティングシステムがインストールされた
パソコンを起動して使用している最中に突然のフリーズ(ハングアップ)が
発生して強制終了が起こったり、停電・断線などの障害でUPSがなかったためにパソコンが
閉じてしまうと、カーネルに深刻なエラーなどの問題が起きる可能性があります。

再びPCの電源を入れ直しても、何らかのエラーやシステムの破損でWindowsの画面が
起動できなくなるトラブルが発生したら、どのように対処すればいい?という疑問について。

まず起動直後に、マザーボードのロゴのウィンドウが表示された時に、F8キーを数回押して開ける
(あるいは自動的に表示される)セーフモード画面で
「通常起動する」や「前回起動時の構成」、「セーフモード」などの指示をして、復旧させる手順が使えます。

しかしそれでもウィンドウズが正常に開けずにパソコンが使用できない場合や、
またはその途中でブルーバック画面(ブルースクリーン)が出て止まってしまったり、
ウィンドウズのデスクトップ画面の展開後にすぐシャットダウンしてしまうケースもあります。

そんな時のために、レジストリのリストアという修復機能が用意されています。




※操作の手順の細部や、表示されるメッセージ、名称などは
ウィンドウズのバージョンによって変わります。

まずはセーフモードと同じく電源を起動してすぐにF8キーを連続で数回押し、
『Windows拡張オプションメニュー』が開けたら中間あたりにある項目:
[前回正常起動時の構成(正しく起動した最新の設定)]を選択してEnterキーを押します。

オペレーティングシステムの選択』というメッセージ画面に切り替わったら
「Microsoft Windows~」の項目を選択してEnterキーを押します。

これでもう一度Windowsの展開による修復方法を試みることができます。

もしこの方法で開かなくても、まだ、Windowsのオペレーティングシステム自体の
「再セットアップ」によるシステムのリカバリーが残されています。

ですが、これを行うと今までの全データとソフトウェアプログラムが消去されて
購入時の状態にまで初期化されてしまいます。

なので、その前に一度、パソコン修理サービスかデータ復旧センターに問い合わせをして、
診断をしてもらわれる事をお薦めします。



『「Windows」のカテゴリーの前後のページ』

«

»