Windowsのバージョンアップ後に起こる不具合を直すには?

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)の最新バージョンは、定期的にリリース・販売が行われます。

Windowsは前回のOSバージョンの後継版として上書きアップグレードも可能なものが多いですが、
ある程度以前のOSの場合はクリーンインストールを行う必要があります。

前のWindowsのバージョンからの移行の作業とは?

例えばWindows XPの期間が大変長かったため、現在でもXP対応のソフトウェアやシステム環境が大変多いです。

大手の開発メーカーより販売されています有名なソフトウェアでしたら最新バージョンにアップデートされた、
アプリケーションプログラムを導入することで最新のOSにも対応ができます。

しかし、古いソフトの中には、新しいオペレーティングシステムにインストールすると、動作に不具合が出る可能性もあ理ます。

そのため、互換性のトラブルシューティングの機能も新しいウィンドウズのバージョンに搭載されてます。

またソフトウェアのバージョンが大分前のものである場合、
新しいWindowsでは完全に機能が使用できる保障がない、というケースもあります。




ソフトウェアの互換性が合わない時は?

ウィンドウズのオペレーティングシステムがインストールされたパソコンを一台のみお持ちの場合は、
Windows XPや2000からすぐに新しいOSのWindows7や8/8.1、10にアップデートすると、今
まで愛用していたプログラムが一部、使えず、ソフトウェアやデータが開けない不具合に遭われてしまう可能性も考えられます。

このトラブルが起きた場合には「互換性のトラブルシューティング」などを開いて、問題解決の手順を行われてみてください。

デスクトップの画面にある対象のユーティリティーのアイコン、またはエクスプローラーから、
対象のソフトウェアのプログラムが保存されたフォルダーを開いて、起動用のアイコンを選択して、
右クリックをして、「互換性のトラブルシューティング」の項目を選択して開きます。

大抵のソフトウェアの立ち上げは、こちらの機能で修復することができます。

また、Windowsのシステムを修復するディスクを作成するには?という疑問については、こちらのページにて。

Windowsの標準機能で問題を修正するには?

また、アップグレードをした後で、念のためにコントロールパネルの「トラブルシューティング」を開いて、
Windows Updateで問題を解決する」を選択して、保留中の更新プログラムをインストールして
修正を適用されてみてください。

同じくコントロールパネルの「回復」の項目から、パソコンの起動の問題が出た時に復旧をするための
「回復ドライブ」の作成をされておかれることも推奨します。

他にも、Microsoft Windows(マイクロソフトのウィンドウズ)のパソコンで、
Cドライブのデータが多くなってきた時には、オペレーティングシステムのディスククリーンアップの機能で整理をして、
軽くしていくと、少し読み込み速度も回復して、またエラーの問題といった不具合も少なくます。

ウィンドウズのダウングレードをしたい時は?

また、OSのアップグレード(バージョンアップ)をしてから一か月以内でしたら、
「設定」の機能で、PCをダウングレードして元に戻すことができます。

システム修復ディスクを作って、オプション画面を開いて、
スタートアップ修復や、システムの復元、コマンドプロンプトといった機能も一通り試されてみてください。

基本ソフトのアップグレードを行う前には必ず貴重なデータをRAIDやNASにバックアップしたり、
動作環境の確認を行われることが大切です。

余裕がありましたら予備のXPパソコンを用意しておかれるか、
Windows Vistaや7、8/8.1、10、の搭載の新品本体を購入されるのも良いでしょう。

パソコンの修理サービスセンターで直してもらう

自身ではどうしてもうまく直せない、または難しそう、という際には、
パソコン修理を請け負われていて、オペレーティングシステムの修復の作業を実施されている、
プロのコンピューター関連のサポートサービスの店舗にて、直してもらうこともできます。

また、パソコン自体が故障して内部のハードディスクに保存していた貴重なファイルが開けない、
という際は、専門のデータ復旧サービスセンターに問い合わせて、見てもらうことをおすすめします。