Windowsのバージョンアップ後に起こる不具合を直すには?

Microsoft Windows(マイクロソフト・ウィンドウズ)の最新バージョンは定期的にリリース・販売が行われます。

Windowsは前回のOSバージョンの後継版として上書きアップグレードも可能なものが多いですが、
ある程度以前のOSの場合はクリーンインストールを行う必要があります。

例えばWindowsXPの期間が大変長かったため、
現在でもXP対応のソフトウェアやシステム環境が大変多いです。

大手の開発メーカーより販売されています有名なソフトウェアでしたら最新バージョンに
アップデートされたアプリケーションプログラムを導入することで最新のOSにも対応ができます。

しかし、古いソフトの中には、新しいオペレーティングシステムに
インストールすると、動作に不具合が出る可能性もあるため、互換性のトラブルシューティングの
機能も新しいウィンドウズのバージョンに搭載されてます。

またソフトウェアのバージョンが大分前のものである場合、
新しいWindowsでは完全に機能が使用できる保障がない、というケースもあります。





ウィンドウズのオペレーティングシステムがインストールされたパソコンを
一台しかお持ちでない場合は、Windows XPや2000からすぐに新しいOSの
Windows7や8/8.1、10にアップデートすると、今まで愛用していたプログラムが一部、使えず、
ソフトウェアやデータが開けない、という不具合に遭われてしまう可能性も考えられます。

このトラブルが起きた場合には「互換性のトラブルシューティング」などを開いて、
問題解決の手順を行われてみてください。

またアップグレードをした後で、念のためにコントロールパネルのトラブルシューティングを開き、
Windows Updateで問題を解決する」を選択して、保留中の更新プログラムをインストールして
修正を適用されてみてください。

保留された分の更新

また、アップグレードしてから一か月以内でしたら、「設定」の機能で
ダウングレードして元に戻すことができます。

システム修復ディスクを作って、オプション画面を開き、スタートアップ修復や
システムの復元、コマンドプロンプトといった機能も一通り試されてみてください。

基本ソフトのアップグレードを行う前には必ず貴重なデータをいRAIDやNASにバックアップしたり、
動作環境の確認を行われる事が大切です。

また、余裕がありましたら予備のXPパソコンを用意しておかれるか、
Windows Vista、7、8/8.1、10、の搭載の新品本体を購入されるのも良いでしょう。



『「Windows」のカテゴリーの前後のページ』

«

»