このプログラムは応答していません、のエラーから修復するには?

IEやユーティリティなどアプリケーションソフトウェアの動作中に、
突発的に操作が効かなくなり、ウィンドウが真っ白い画面になって
プログラムの終了』と書かれたエラーメッセージが表示される事があります。

このプログラムは応答していません。Windows に戻ってプログラムの状態を確認するには、[キャンセル] をクリックしてください。

というテキストが表示され、ここで終了を押すとアプリケーションプログラムのウィンドウは閉じられます。

しかし代わりにそれまで作業していた分のデータが上書き前に消去されて、
一般個人では後からもう一度開くことができなくなることがあるため、
その際にはプロのデータ復旧サービスにて、消えた個人用ファイルを修復してもらう方法があります。

プログラム終了のエラーが何度も頻繁に発生する場合には
一度、パソコンのスペックやHDDの空き領域などを見直して修復してみましょう。

強制停止の回避方法

動画や音楽、大きな画像をはじめサイズの大きなファイルを取り扱う
アプリケーションの起動中には特によく起きる事で、CPUやメモリの負荷により
強制終了してしまうパターンが、ダイアログボックスの
[このプログラムは応答していません]と表示される障害が起きる理由の最も大きな要素です。

2~4GBのメインメモリを導入したり500GB~TBのハードディスクに
交換するなど、PCパーツの基本的性能を上げる事で大幅に回避できます。





動作環境の基準が十分に満たされていないソフトウェアを使うとプログラムは
よく強制終了してしまうので、購入・セットアップの前にもパッケージの説明文などを確認してみましょう。

Windowsのシャットダウン時にも表示される事があるのですが、もし毎回のように出てくる場合は、
レジストリ(regedit)の状態チェックもされてみて下さい。

しかし、『このプログラムは応答していません。』というエラーは一時的なもので
パソコンやソフトウェアを再起動してやり直しただけで修復する事もあります。

また、プログラム終了の影響で壊れてしまったり消えてしまったファイルは
システムの復元機能で、タイミングによっては一部回復できます。

しかしPC上の修復機能で元に戻らなかったら、パソコン修理サポート、ないしデータ復旧専門の
リカバリーサービス店に、パソコンまたは内蔵のHDDを提出して、復元をしてもらいましょう。



『「ファイルの破損・エラー」のカテゴリーの前後のページ』

«

»