コマンドプロンプトでHDDエラーを復旧するには?

ハードディスクにしっかり入っているはずの拡張子ファイルがいくら開こうとしても開けない時、
セクタに書き込まれたデータが壊れていてハードディスクドライブのエラーが起きている場合があります。

こうした場合、どうすればHDDの不調から復旧できる?という疑問について。

エラーを修正するには、『コマンドプロンプト』というPC機能を開いて、
CHKDSKコマンドを実行する方法がWindowsには用意されています。

まずはスタートメニューからすべてのプログラム⇒アクセサリ⇒コマンドプロンプト、
と移動して、専用ウィンドウを起動をさせます。

黒い背景と白文字の画面で、\Documents and Settings\ユーザー名>のすぐ後に
chkdsk c: /f と入力してEnterキーを押します。(c:はドライブによってD:、E:~に変わります)

何かしらのエラーが検出された場合は自動的に復元が行われて『ファイルシステムを修復しました』
と表示され、何も無かった場合は『問題は見つかりませんでした』と表示されます。

Cドライブの場合はYキーを押して一度再起動させた後に修復作業が行われます。





パソコンの再起動後、青い英文画面が表示されますのでこの作業が完了したらWindowsが開きます。

デスクトップ画面が正常に開けましたら念のためコマンドプロンプトの画面を
もう一度起動して、HDのDエラー等が無事に直って復旧できているか確認します。

コマンドプロンプト

コンピューターのトラブルの原因がアプリケーションソフトの方にあるケースなど
破損したファイル全てがコマンドプロンプトで回復するとは限らないのですが、

Windowsが開ければいつでもCHKDSKコマンドによるエラーチェックは行えますので、
一度HDD損傷部分の検出を試されてみると良いでしょう。

エラーチェックを一通り試しても直らないことも多いかと思いますので
もし無理でしたらプロのデータ復旧サービス店の方にて注文をされてみてください。



『「システムのリカバリー」のカテゴリーの前後のページ』

«

»