中古のノートパソコンを修理したりデータ復旧をするには?

『ノートパソコン』(notebook PC)も、今や中古(リユース)でありながらも性能はかなり高く、
しかも5万円以下くらいの値段で購入できるものも多いので、大変お得な商品でもあります。

筆者も、薄型・軽量型で性能の良いノートパソコンを購入して使用をしています。

しかしながら、中古で買ったノートパソコンをしばらく使っていて、突然故障してしまったり、
内部のHDDやSSDのデータを誤って消してしまったら、どうすれば復旧することができる?という疑問について。

中古のPCはやや保証サポートを受けづらい?

例えば、Windows95やWindows98といったオペレーティングシステムで大分前に発売された、
ブランドのシリーズの中古のノートパソコンの場合は、壊れた時に修理をする際に、
中身の部品やシステムの点で、上手く修復しづらいのでは?という疑問もあることでしょう。

中古店舗での製品の保証期間は、新品を通常のパソコンショップで購入する場合と比べて、
ある程度短くなり、保証サポートのサービスを有償でしか受けられないケースも多いです。

(最近の店舗は、中古のパソコンもポイント制などの併用で、3年保証などが付帯できることもあります。)

中古(リユース/reuse)の店舗での、保証の有効期間やメーカーの対応サポートがすでに切れていたら、
私設のパソコンショップ、または修理センターにて、即日診断などのサポートプランを受けて、
破損した部品の交換や、システムの回復といった、復旧の作業を依頼する方法もあります。




PC修理サービスでの出張訪問サポートとは?

まず、総合的な中古のショップでは、簡易的な修理を行ってもらえるサービスが実施されている店舗もあります。

ですが、あまり専門的な修理は受けられないことも多いため、中古のノートパソコンに複雑な故障が起きた場合は、
専門のパソコン修理サポート店にて、直してもらわれることをおすすめします。

またパソコン修理サービスでは、出張訪問のサポートを実施されているところも数多くあります。

たとえば、デジタルドラゴンのパソコン訪問サポートサービスでは、
別の補助記憶装置へのデータの移行や、ファイルを残して守りながらのPCの復旧といった作業も行ってもらえます。

また、専門の事業のデータ復旧サービスセンターに注文をして、ファイルのリカバリーの作業を行ってもらうこともできます。




古いパーツやオペレーティングシステムの本体でも大丈夫?

もちろん、中古のショップで購入した商品でも、ほとんどのPC修理サービスセンターにて、
パソコンの修理を請け負ってもらうことができます。

しかし、読み込めなくなったデータの回収や、消えたファイルの復元をしてもらう場合には、
OSや部品が古いパソコンだと、現在のアプリケーションソフトにオペレーティングシステムが対応されずに、
データ復旧のツールが使用できないことがあります。

また、データ復元ソフトでの読み込みと復旧の手順に、かなりの時間がかかってしまう可能性があります。

ハードディスクを中古のノートパソコンから取り出しするには?

例として、以前に購入した中古のノートパソコン本体が壊れた際に、一度2.5インチハードディスクを取り出して、
最近の新しいパソコンに一時的に増設して、内部のデータを読み込みする手法もあります。

または、USB外付けハードディスクケースやHDD変換アダプターのコネクタに差し込んで、
ストレージを開いて、そこから失ったファイルのスキャンを行って、データ復旧をする方法もあります。

また、中古パソコン本体のデータを復旧するには?という疑問については、こちらのページにて。

故障した中古のノートパソコン(laptop computer)が、MacBookやネットブックなど、
小型・薄型のPCの製品の場合は、大きめのサイズのマシンと比べて、
ハードディスクドライブやSSDと内部のデータの取り出しをする際に、少し手間がかかることもあります。

データ復旧サービスセンターでファイルを復元してもらう

次に、ハードディスクが故障して開けなくなったために、喪失したデータを復旧したい場合について。

まず、IDE形式かSATA形式か、または本体から取り出しやすい位置にストレージが収納されているかどうかなど、
中古パソコンの場合は、個人で作業をする際にHDDの外付けケースや特殊なドライバーといった、
読み取りの機器や工具を揃える必要が出てきたり、状態のチェックに若干の時間がかかる可能性があります。

ですが、専門のデータ復旧サービスセンターの事業であれば、最近のパソコンと同じように、
必要なファイルを失った時に、修理の前のデータの復元の作業を請け負ってもらうことができます。