Dynabook(ダイナブック)のノートパソコンのデータ復元

東芝情報機器株式会社(東芝・TOSHIBA)より開発、販売されているブランドでA4・B5サイズが
メジャーな大きさのマシンである「ダイナブック」(Dynabook)ノートパソコンから、本体の故障で内部に保存された
ファイルが開けなくなった時や、操作のミスなどで消えてしまったデータを復元するにはどうすればいい?という疑問について。

まず、OSをシャットダウンする時にパソコンに更新メッセージが来て更新をしてから次に電源を入れた時に、
問題が発生して自動的に再起動が繰り返されて、数回目に初期化を推進されて、そこで初期化をすると
個人データ以外がすべてなくなっていた時、パソコンを更新する前に戻すにはどうしたらよい?という場合は、

一度パソコンの初期化・再インストールを行ってしまうと、 オペレーティングシステムのシステムイメージを書き込みした
ディスクを事前にコントロールパネルの機能やバックアップソフトで作成していなければ、通常は元に戻すことはできません。

もう一度設定のし直しと、アプリケーションなどのセットアップのし直しを一通り行われてみるのが無難です。

オペレーティングシステムの標準機能である、コントロールパネルにあります「ファイル復元」や
「バックアップと復元 (Windows 7)」の回復ツールを事前にセットアップしていれば、
そちらのバックアップ分から復元してデータを元に戻すことができます。




ダイナブックのPCが破損した時のデータの取り出し

外へ持って運ぶ事も簡単に出来るノードブック型のパソコンである分、Dynabookをうっかり道路や床面の固い場所に落としたり
テーブルから落ちてしまう場合、また飲み物をキーボード部分にこぼしてしまったり通勤・通学中の電車移動中などの振動で
激しく揺れた影響で壊れてしまう可能性も0ではありません。

液晶のディスクプレイに大きな汚れが付いた場合は、コンピューター機器の専用のクリーニングキットを用いて清掃を行います。

液晶モニターが割れて開けなくなっただけでしたら、まだ内部のハードディスクドライブに保存されているデータは無事です。

2.5インチの内蔵HDDを一時的に取り外してからダイナブックの本体を修理に出す、または別のパソコンからUSB外付けHDDケースや
USB変換アダプターを用いて、リムーバブルディスクとして接続をして、内部のデータをバックアップする形で復旧します。

内部破損の影響で中身のファイルやシステムが開けなくなった時の解決方法として、
通常、パソコンの開発・販売メーカー元では、修理・交換のサポートのみなのですが、Dynabookでは
東芝情報機器株式会社にて直々に有料のデータ復旧サービスが提供されています。

また、パソコンそのものが故障されてしまった際にも東芝PC工房にて郵送や持込で修理を引き受けてもらえます。

HDが破損している場合

お使いのダイナブックパソコン内に保存してあるHD(ハードディスク)のデータが持ち歩きの際にぶつけた衝撃や、
誤ったフォーマットなどで消えてしまった時は、まずは東芝のサポートセンターかデータ復旧業者に相談をしてみましょう。

市販のファイル復元ソフトで検出してみる方法も有効です。

ですが、物理的にHDDが壊れていたりすると、ソフトウェアからでは直せませんので、
新しく専用アプリケーションソフトを購入される前にはお気をつけください。

一部の消えた個人データがあった場合には、それ以上のHDDまたはSSDへの書き込みを控えて、
プロのデータ復旧サービスに注文をして、サルベージを行ってもらわれるのが最も確実な修復方法になります。