LinuxのOSのパソコンからデータ復旧をするには?

パソコンのOS(オペレーティングシステム)といえば今WindowsやMacが主流ですが、では少しマイナーな
Linux(リナックス、ライナックス)を搭載したパソコン本体用PC-UNIXもユーザー間で親しまれて使われています。

Linuxは正確はオペレーティングシステムのカーネル部分にあたるのですが、
アプリケーションソフトやインストーラーも付属で付いていますのでディストリビューションと読まれています。

開発手法はオープンソースであり、インターネットでも頻繁に
バグの発見・修正やセキュリティに関するお知らせが更新されています。

またKNOPPIXやUbuntuはパソコンにOSをインストールせずとも、CDディスクからドライブに差し込んで起動することも可能です。
(CDブートで使う場合は、パソコンを閉じた後でシステム設定は初期化されます。)

「Ubuntu」(ウブンツ・ウブントゥ)では「バックアップ」という保護機能が標準であります。

これをセットアップしておくと外付けハードディスクなどの場所に、
主要なファイルがコピーで保存されるので、いざというとこにはいつでも復元ができます。

UbuntuやKnoppixなどのOSを起動してパソコンを使用している際に間違えて必要なファイルをフォルダーから
削除してしまった時には、すぐに「ゴミ箱」を開いて確認して、元に戻していきましょう。




Linuxを使ったパソコンが壊れた場合の内部のファイルの救出

次に、LinuxのディストリビューションのOSを使ったパソコンやサーバが故障した場合について。

この際、破損したのがオペレーティングシステムで論理障害が発生しているケースや、CPU、マザーボード、電源ユニットなど
PC本体の部品が壊れただけのケースであれば、内蔵のハードディスク(またはSSD)を本体ケースのドライブベイから
取り外して、別のパソコンにセカンダリハードディスクとして増設したり、外付けHDDケースに入れて
リムーバブルディスクとして読み込んで、中身のデータを回収する方法も使えます。

(フォーマットが違うOSではアクセスエラーが起こる場合があります。)

また、Windowsパソコンを別にお持ちでしたら、Linuxを使ったパソコン本体が壊れた時に、ハードディスクドライブまたはSSDを
ドライブベイから取り出して、USBハードディスクケースに入れる、または一時的に増設をして、データを読み込んで復旧する
こともできます。

リナックスのデータ修復は請け負ってもらえる?

リナックスのOSのパソコンからのデータの復旧も、もちろん大丈夫です。ほぼすべてのOSに対応されたサービス、
復旧率90%以上を誇るLinux復旧センターにて回復をしてもらえます。

アプリケーションツールを使って自分で削除ファイルや破損データの復帰を実行する場合、多くの市販ソフトウェアは
Windows専用で、LinuxディストリビューションのOSに対応されていませんのでご注意ください。

基本的にはやはり専門の業者に注文を去れるのが最も確実です。

すべての業者様がLinux復元に対応されているわけではないのですが、プロのデータ復旧サービスセンターで、
あらゆるOS、パソコン、保存機器の内部に保存されたデーターの復元に対応されています。