RSSフィードを損失した時にデータをリカバリーするには?

ホームページやウェブログでページの更新の通知用に作成する、もしくは自動的に生成される
「RSSフィード」(Really Simple Syndication-リアリー・シンプル・シンジケーション、
または Rich Site Summary-リッチ・サイト・サマリー)のページを、うっかり削除してしまったり、
間違えてページの構成を変更して損失してしまったら、どうすればデータをリカバリーできる?という疑問について。

RSSの拡張子のデータを保存するには?

まず、RSSフィードの拡張子「xml」「rdf」「rss」「uri」といったファイルも、他の通常のHTMLと同じく、
テキストエディタなどで、ソースを編集したり、拡張子のファイルを作成して保存することができます。

ご自身で運営されているウェブサイトで、ファイルマネージャーへのアクセスができる仕様であれば、
「FFFTP」といったFTPソフトでレンタルサーバ上のディレクトリにアクセスするか、
管理画面にログオン(サインイン)をして、フォルダーの一覧に入ります。

RSSフィードのファイルを開くことができる仕様であれば、そちらをパソコン上に保存します。

そして、テキストエディタなどで開いて、問題の出ている箇所を、
タグの文法ミスなどの書き直しをする形で、修復をして保存してから、再度アップロードをします。




フィードのファイルの編集と再投稿をして復旧するには?

また、HTMLの「head」(ヘッダー)の部分にあるメタタグ

<link rel=”alternate” type=”application/rss+xml” title=”RSS” href=”RSSフィードのURL” />

などが、他にも自動的に生成されていてヘッダーの領域内に表示されていましたら、
そちらのページも開いて、ソースのタグ構成やテキストのデータを参考にされてみてください。

そして、フィードのページを再作成・編集する際も、タグの記入ミスをしてしまったり、
文法的な配列や順番などが不自然におかしくならないように、
必ずアップロード(再投稿)の前後に、数回ほど文章の表示を確認して、配信をしていきましょう。

ウェブブラウザのGoogle Chrome(グーグル・クローム)の画面で、「Ctrlキー」+「Shiftキー」+「iキー」で開く
「デベロッパーツール」(Developer Tools)を展開した状態で、対象のRSSのページを開くと、
そのページのヘッダーの部分といった詳細を確認して、問題の箇所をチェックすることもできます。

自動的にファイルが生成・編集される仕様の場合は?

ですが、RSSフィードは自動的に生成・更新されるものが多いため、そのファイルのみを修復しても、
次回の更新時に、同じエラーの箇所が自動的に元に戻ってしまう可能性もあります。

その際には、RSSフィード生成の機能自体にあるシステム上の破損の箇所を、
プラグインのアップデートや、手動による書き換えなどによってリカバリーをする必要があります。

ウェブログといった、レンタル式のインターネット上のポータルサービスを使用されている場合は、
運営の方の連絡先に問い合わせて、エラーの報告と、問題のリカバリーの依頼をされてみることをおすすめします。

RSSの配信サービスからデータをサルベージするには?

RSSフィードは、通常のHTMLのページと比べて、検索エンジンの「キャッシュ」や「アーカイブ」のサイトに
直接的には登録がされにくいため、一度インターネット上から表示が消えると、ログデータを探しにくい点があります。

フィードに表示されていた見出し部分の元となった本文のHTMLのページがまだ残っているかどうかを確認して、
まだファイルがあり表示されていましたら、そちらからデータの保存によるレスキューの作業を行われてみてください。

また、外部のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)やウェブログに関するポータルサイト、
RSSフィードの配信センターのサイトと、アプリの機能などでの提携をされていましたら、
新着記事のページがPingやフィードの定期的な自動の読み込みにより送信されて、
サブタイトルやURL、説明文、サムネイル画像が、SNS上に見出しのデータとして表示されています。

もしRSSフィードと元々のページが、ウェブサービスの終了などでまとめて消えてしまうトラブルが起きた際には、
そちらから、一部分のデータを拾い出す形でリカバリーできる見込みもあります。

RSSリーダーに配信されたデータから復旧する方法とは?

RSSリーダー(RSS Reader)は、ソフトウェアだけでなく、大手のポータルサイトで提供されているサービスもあります。

そちらを事前に使用されていましたら、ログのリストに配信されたデータが残っていることもあります。

また、ウェブ上に公開されているRSS配信のサービスでしたら、そちらに登録されている
個別のページやエントリーの見出しの一覧から、更新のデータをサルベージできる可能性もあります。

ちなみに、当ホームページでも、RSSフィードを配信していますので、RSSフィードリーダーに登録することで、
いつでも新着のページをチェックすることができます。

RSSページ

各カテゴリーページにも、それぞれ専用のRSSフィードを設置しています。

【こちらのカテゴリー「ウェブ上のディレクトリ」のRSSページ

新着エントリーは、トップページから随時更新していますので、ぜひこれからも見に来て頂けましたらと思います。

データレスキューのサービスセンターで直してもらう

間違えてRSSフィードの重要なファイルを削除してしまったり拡張子を破損させてしまい、
どうしても元に戻せない、という際には、ご自身で所有されているパソコンのハードディスクや
外付けHDD、RAIDケース、NAS(ネットワークアタッチストレージ)、メモリーカードなどの補助記憶装置に
対象のデータを保存されていた場合でしたら、まだ修復ができる見込みがあります。

対象の機器、または内部の補助記憶装置の部分を、専門のデータレスキューのサービスセンターに
問い合わせて、持参または輸送によって提出をして、初期検査の後に、
ファイルのリカバリーを行ってもらう形で、復旧をしてもらわれることもおすすめします。