Microsoft Edgeでのフリーズを解消するには?

Windows 10のオペレーティングシステムで使用するウェブブラウザのMicrosoft Edge(マイクロソフト・エッジ)を起動して
インターネットを閲覧したりファイルを開いている際に、頻繁にフリーズが発生して画面が止まったり、
操作が重くなってしまう場合には、どうすれば遅延を解決できる?という疑問について。

パソコンの最小要件の基準を確認するには?

まず、Microsoft Edgeを快適に使用するために必要な動作環境を、
WEBブラウザーをインストールされているパソコンが満たしているかどうかをご確認ください。

IE(インターネット・エクスプローラー)よりもグラフィック面などでも性能が向上しているため、
その分、快適にインターネットを閲覧するには、ビデオカードやメモリにもある程度の性能のものがおすすめです。

それぞれの部品のスペック

・オペレーティングシステムはWindows10、
・メモリは32bit版で1GB、64bit版で2GB、
・コンピューター/プロセッサ(CPU)は1GHz、
・ハードディスク/SSDは32bit版で16GB、64bit版で32GB、
・ディスプレイ(モニター)はSuper VGA(800×600)以上、
・グラフィックカードはMicrosoft DirectX9以降、
という具合のそれぞれのパーツや周辺機器の性能が必要となります。

マイクロソフトエッジの動作環境が満たない部品(特にメモリやCPU)があった場合は、
新しい製品に交換を行うと、フリーズも解消されて快適に使用できる見込みが高いです。

パソコンの容量を軽くするには?

次に、Windowsをディスククリーンアップやレジストリクリーナーなどの機能・ソフトウェアを使って、
快適化されてみてください。

またハードディスクやSSDの容量が埋まってきたら、不要なファイルを削除したり、
外付けHDDやRAID、NASなどに移し替えて、軽くしてみてください。

新しく取得した拡張機能がかなり多くなってくると次第に動作が重くなる可能性があるため、
その際には使わない拡張機能を無効にするか削除します。

フリーズが頻繁に起こる場合は?

Microsoft Edgeで、動画やたくさんの画像ファイルがあるページなどをよく視聴される場合は、
表示が重いためにフリーズや遅延が起こる場合があります。

まずは、メモリを増設したり、高い性能のビデオカードに交換されると、改善できる見込みがあります。

一度にかなり多くの画面を同時に展開されることが多い場合は、表示の数を減らしてみてださい。

Ctrlキー+Altキー+Delキーでタスクマネージャーを開いてプロセスのタブを確認すると、
どの機能にどれくらいのリソースが使われているかを確認できます。

PCケースに異物が溜まっていると不調が出る?

また、しばらくパソコンを使っていると、冷却ファンの付近の網部分に埃やごみが溜まって、
排熱の効果が低下して、熱が溜まりやすくなり、フリーズや遅延の原因になることがあります。

PCケースの裏側や蓋の反対側など目立ちにくい位置に網が設置されていることもあり、
一通り確認をして、埃やごみの除去をされてみてください。

どうしてもMicrosoftEdgeのフリーズや動作遅延の原因が掴めない時には、メーカー先のカスタマーサポートか
私設のパソコン修理サービスに問い合わせて、PC本体を郵送か持ち込みで出して、
一度見てもらわれることをおすすめします。